VEM16 8088トレーニングボードを手に入れた

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

ヤフオクでVEM16という8088トレーニングボードを手にいれました。お値段は2100円。有名どころのTK-80やLkit-16といったトレーニングマイコンはそれなりの価格になりますが、このVEM16は知名度も低く私もあまり知らないものです。でも、CPUは16ビットの8088。昔はIBM-PC/XTを持っていたので8088は懐かしく感じます。

vem16_001.jpg

メーカーはADTEKシステムサイエンスのようですが、すでにこの会社は無くなってしまったようです。

VEM16で検索したところ、技術情報はありませんでしたが、古本屋のサイトで「VEM16 全回路図」という記事がひっかかりました。その記事が載っている雑誌はあの工学社の月間I/O誌で、1983年5月号とのことです。私も実家にはある程度のI/O誌を保管していますが、この号は持っていません。

でも心配することはありません。こういう時は国立国会図書館です。日本で発行されたほとんどの本がここにあります。以前に国立国会図書館に行ったときに利用者登録をしておいたので、目的のI/O誌を閲覧しに出かけました。

ndl.jpg

国立国会図書館の利用は難しくありません。最初に利用者登録を行い利用者カードを作成しておけば、開館中いつでも書籍の閲覧・複写を行うことができます。

早速、目的のI/O誌を検索して、閲覧申請をすると20〜30分で閲覧カウンターに到着します。館内は撮影禁止なので写真は載せられませんが、雑誌といえどもしっかり厚い背表紙に製本されて永久保存できる体裁になっています。I/O誌も立派な百科事典のようになっています。

閲覧して目的の記事を見つけたら、複写申請書を作成して、しおりをはさみ、複写を依頼します。こちらは申請から15分程度で複写カウンターに届きます。今回は7ページでしたが見開きでお願いしたので4枚で複写代は100円程度でした。

ひさしぶりに古いI/O誌を見ましたが、広告のページが160ページぐらいあって、まるで昔のトラ技のようでした。1983年はもりあがっていたんですね。広告にはタモリさんも載っていましたし、I/Oバザールという物々交換のページには住所、氏名、電話番号がそのまま載っていて今では想像がつきません。

自宅に帰って、複写したページの内容を実物を比較したところまさにこの製品の記事でした。たいへん参考になります。全回路図も載っているので拡張もできそうです。

vem16_002.jpg

いろいろいじっていると7セグLEDが表示されるようになりました。

vem16_003.jpg

まずはモニタROMを吸い出して、その解析を行ってみようと思います。ROMは2732ですので4KBと小さく解析には手頃なサイズです。また良いおもちゃを手に入れてしまいました。

秋月電子のパルスオキシセンサで脈波を見てみた

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

秋月電子でパルスオキシセンサが新発売になっていました。

価格も安かったので1つ買って使用例の回路をブレッドボードで組んで脈波を見てみました。

回路も簡単ですのでブレッドボードできれいに組めたのではと思います。

njl5501r01.jpg

この回路にデジタルオシロスコープを接続しますが、手持ちのDSO Nanoを使ってみました。

なかなか波形が安定しなかったのですが、指をじっと固定してしばらく待つと脈波のようなものが表示できました。

njl5501r02.jpg

一応動いているようには見えます。規則的に波が表示されています。

秋月電子の回路例では赤色LEDを光源にしていますが、近赤外線LEDを使うという方法もあるようです。

このようなオペアンプを使った回路はPSoCとかに置き換えができるのでしょうか。そのあたりも試してみようと思います。

PSoC 5LP Prototyping Kitを動かしてみた(電圧計&LCD編)

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

前回、PSoC 5LP Prototyping KitでLチカを行いましたが、CY8CKIT-059のサンプルとして用意されているADCとUARTを使った電圧計を動かしてみます。

サンプルプロジェクトを開きます。

adc_uart_prj.PNG

TopDesignを開くと、ADCとUARTのコンポーネントが登録されており、この状態でビルドしてターゲットに書き込むと、電圧の数値がUART経由で表示できます。私の場合はTeraTermでUARTに接続しました。

adc_uart01.PNG

UART経由でコマンドを入力することで、連続して計測したり、サンプリングして計測することができます。

ここで折角GPIO端子がたくさんあるので、電圧のLCD表示ができないかなと思いコンポーネントを探したところ、手持ちのLCD(HD44780)に適合するコンポーネントがありました。これをTopDesignにくみこみます。

adc_uart_lcd_design.png

次にPSoCのどのポートにLCDを接続するかを設定します。今回はP2[0-6]を使っています。こちらも図で確認できます。

lcd_psoc_port.png

LCDコンポーネットをクリックしたところ、ユーザ定義文字を定義する機能もあるようです。
ついでなのでカタカナ、ひらがなをデザインしてみました。

lcd_user_defined.png

ここで設定したユーザ定義文字はLCD_CustChars.cにフォントデータとして自動生成されます。

lcd_customfonts_src.png

ここまで出来たら、main.cでLCDにも表示するように書き換えます。

ユーザ定義文字の表示は自動生成されたフォント名をLCD_PutChar()に指定するだけです。

lcd_font_putchar.png

電圧表示はUARTに出力している文字列をそのままLCD_PrintString()に渡すだけでお手軽です。

lcd_adc_main.png

完成したものはこちらです。ユーザ定義文字もADCからの電圧もLCDに表示されています。

psoc_adc_lcd.jpg

LCD表示についてはサンプルプログラムがありましたので、そちらを参考にすることで簡単に組み込むことができました。

他にもいろいろなデバイスがサポートされていますので、今後試していきたいと思います。