きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「ガイガーカウンタ」が付けられているもの


MARY CB基板にガイガーカウンタを載せました

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

MARYシステムのCB基板(ユニバーサル基板)に秋月で購入したGM管 D3372を載せてみました。さすがに高圧発生部(600V)は外付けです。
CB基板はやはり狭くパーツのレイアウト決めに時間がかかってしまいました。
GM管との接続回路自体は秋月のキットの回路図を参考にしています。
プログラムのことを考えて、UB基板と互換を持たせるように配線しました。圧電ブザーはCN2_1に、GM管からの出力パルスはCN4_7に接続しています。
MB基板を2枚接続し、1枚はこのGM管基板、もう1枚はOB基板を接続し、mbedのときのようにOLEDに計数とグラフを表示するようにプログラムしました。

mary_gmtube_ob.jpg

うまく動いてくれています。プログラムはかなり適当につくったのであまり良い出来ではないのですが、APIに助けられています。

現状だと電源が2系統必要です。コンパクトに組めたので持ち運びができるようにしてみたいですね。

mbedガイガーカウンターの検出情報をOLEDに表示してみました

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

mbedにMARYシステムのOB基板(OLED)が接続できましたので、これに先日製作した秋月のGM管を使用したmbedガイガーカウンターの情報を出力してみました。
最初はLCDに表示していた情報だけをOLEDに表示してみました。

mbed_gm_oled1.jpg

これだとLCDとあまり変わらずに文字ばかりで面白くありません。
そこで128×128ピクセルのフルカラーグラフィック表示を活用して、毎分の検出数をグラフ表示してみました。

mbed_gm_oled2.jpg

プログラムなどはmbedのNotebookにまとめておきました。

実にわかりやすくなりました。
使用している秋月のGM管 D3372では毎分2〜3回の自然放射線が検出されますが、このOLEDにより時系列で128分間の状況を一目で把握できるようになりました。

ガイガーカウンタをmbedにつないでみた

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

昨日動くことを確認したガイガーカウンター(秋月のGM管 D3372)mbedに接続してみました。
これでカウントすることもできますし、ネットワークに発信することも可能です。
もちろん、StarBoard Orangeを使用しています。

この映像は約1分間ですが、その間に4回検出があったことがわかります。D3372ではB.Gの検出はこれくらいになります。
現在のプログラムはただカウントするだけなので、数字は増えるばかりですが、
もう少しいじれば1分間あたり何回検出ということもできると思いますし、音を付けるのも良いかなと思います。

赤いPepperを組み立てました

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

スイッチサイエンスさんに注文していた赤いPepperキットが届きましたので、早速組み立てました。パーツはこんな感じです。

pepper1.jpg

組み立ては10分もかからなかったかな。組み立て後はこんな感じです。

pepper.jpg

これから入出力ポートにLEDをつないでテストしてみますが、ブレッドボードはどこ行ったかなぁ。

エレキジャック基板プレゼントに当選しました

エレキジャックの基板プレゼントにまた当選してしまいました。忘れたころに届いたのでびっくり。
ただこの基板自体はそんなに難しいパターンではなく、ユニバーサル基板でも十分組める回路なのですが、右下に小さくあるPepperというフィジカルコンピューテイングのプラットホームの基板については興味があるので、パーツをそろえて作ってみたいと思います。
Pepperの記事はエレキジャックのページにあるのでそちらをご覧ください。

ej_no14_pcb.jpg


警告とメッセージ