きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「マルチMCU」が付けられているもの


MARYシステムで交互にLEDを点灯させる(MB4個と音付き)

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

先週作ったLEDを交互に光らせるプログラムを4枚のMCUを使って動かしてみました。

今回はすでに購入しているUB基板も使って音もつけてみました。
相変わらずOB基板にはデバック情報を表示させています。
画像では見えにくいですが、OB基板の裏のLEDも交互に点滅しています。
これでMCUが何枚になっても問題なく動きそうです。

この週末はあまりMARYをいじる時間が無かったのでこの程度ですが、今度の週末はXB基板もいじってみたいと思います。

超小型ARMマイコン基板でマルチMCUを試す

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

昨日に引き続きトラ技増刊の付録である超小型ARMマイコン基板(MARY)を触っています。
MARYシステムの特徴である、複数のMCUの協調を行ってみました。
MB基板にもプログラムを書き込むためにもう1枚のMB基板をUSBに接続するとCOM6として認識されました。これで書き込みます。ちなみにもう1枚はCOM5で認識されています。
CQ出版の特設ページからダウンロードしたサンプルプログラムを動かしてみたところ、見事に同期しています。

これを実験するためにはMB基板の接続ケーブルが必要になります。私は事前にマルツパーツ館から購入していたので良いのですが、雑誌を買ったたけではすぐ試すことができません。雑誌の付録にMB基板直結ケーブルが1本入っているとすぐ楽しめるのですが。

このサンプルプログラムを参考にして、MB基板間で通信を行い、交互に点滅するようにしてみました。
さきほどのサンプルプログラムはtickを同期することで、各MB基板が同じタイミングで同じ動作になるようにしていますが、今回はtickは使わないでON/OFFのデータ(uint32)を送受して制御してみました。
1wireで行われている通信プロトコルはAPIでラッピングされているので、思ったより簡単に使えます。

プログラムが動くことは確認できましたが、せっかくOB基板を持っているので、そちらにデバック情報を表示させてみました。

これもAPIが準備されているのでprintf感覚で手軽に文字が表示できます。OLEDはデバッグにも活躍しそうです。

MARYシステムは手軽に使えるということが分かったので、XB基板を追加注文してしまいました。実はXBeeを使うのは目的ではなく、microSDカードとシリアルUSBが使えるとおもしろいかなと。到着が楽しみです。

警告とメッセージ