きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「ARTY」が付けられているもの


PDP-11をARTY FPGAボードで動かしてみた(4) UNIX V5を動かす

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

これまでの作業でARTY FPGAボードはPDP-11になったと思われるのですが、やはりアプリケーションを動かさないとよくわかりません。

PDP-11のソースツリーでは各種UNIXを動かすキットが含まれています。ARTY FPGAボードではUNIX V5が動くようですので、これを動かすことで、PDP-11になっていることを確認してみます。

unix-v5のディスクセットを用意する

PDP-11用のUNIX V5のイメージデータが用意されていますので、これをソースツリーに持ってきます。

$ cd $RETROBASE/tools/oskit/unix-v5_rk
$ wget http://www.retro11.de/data/oc_w11/oskits/unix_v5_rkset.tgz
$ tar -xzf unix_v5_rkset.tgz

ターミナルを立ち上げる

UNIX V5のコンソールとなるターミナルウィンドウを立ち上げておきます。

$ cd $RETROBASE/tools/oskit/unix-v5_rk
$ console_starter -d DL0 &

PDP-11をARTY FPGAボードで動かしてみた(3) FPGAのコンフィグレーション

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

Vivadoの開発環境OpenCoresの開発環境が準備できましたので、いよいよFPGAのコンフィグレーションを行います。

bitstreamを作る

FPGAに書き込むためのbitstreamを生成します。実はbitstreamはOpenCoresのページにも用意されているのですが、試しにmakeをしてみたら簡単にbitstreamができたのでこちらを使いました。

ここでは生成までのログを参考までにそのまま掲載します。ログを見ると内部でVivadoが使われているのがわかります。

$ cd $RETROBASE/rtl/sys_gen/w11a/arty_bram/
$ make
 :
Loading route data...
Processing options...
Creating bitmap...
Creating bitstream...
Writing bitstream ./sys_w11a_br_arty.bit...
INFO: [Vivado 12-1842] Bitgen Completed Successfully.
INFO: [Project 1-120] WebTalk data collection is mandatory when using a WebPACK part without a full Vivado license. To see the specific WebTalk data collected for your design, open the usage_statistics_webtalk.html or usage_statistics_webtalk.xml file in the implementation directory.
INFO: [Common 17-186] '/home/ocha/oc_w11/trunk/rtl/sys_gen/w11a/arty_bram/project_mflow/project_mflow.runs/impl_1/usage_statistics_webtalk.xml' has been successfully sent to Xilinx on Sat Jun 4 15:45:44 2016. For additional details about this file, please refer to the WebTalk help file at /opt/Xilinx/Vivado/2016.1/doc/webtalk_introduction.html.
INFO: [Common 17-83] Releasing license: Implementation
write_bitstream: Time (s): cpu = 00:00:29 ; elapsed = 00:00:40 . Memory (MB): peak = 1643.305 ; gain = 452.859 ; free physical = 89 ; free virtual = 832
INFO: [Vivado_Tcl 4-395] Unable to parse hwdef file sys_w11a_br_arty.hwdef
INFO: [Common 17-206] Exiting Vivado at Sat Jun 4 15:45:46 2016...
[Sat Jun 4 15:45:48 2016] impl_1 finished
wait_on_run: Time (s): cpu = 00:00:00.14 ; elapsed = 00:01:04 . Memory (MB): peak = 1626.848 ; gain = 0.000 ; free physical = 72 ; free virtual = 833
Message control rules currently in effect are:
Rule Name Rule Current Message Count
INFO: [Common 17-206] Exiting Vivado at Sat Jun 4 15:45:50 2016...
$ ls
Makefile sys_w11a_br_arty_pla_util.rpt
pdp11_hio70_arty.vbom sys_w11a_br_arty_rou.dcp
pdp11_hio70_arty.vhd sys_w11a_br_arty_rou_drc.rpt
project_mflow sys_w11a_br_arty_rou_ds.rpt
sys_conf.vhd sys_w11a_br_arty_rou_pwr.rpt
sys_w11a_br_arty.bit sys_w11a_br_arty_rou_sta.rpt
sys_w11a_br_arty.dep_vsyn sys_w11a_br_arty_rou_tim.rpt
sys_w11a_br_arty.vbom sys_w11a_br_arty_rou_util.rpt
sys_w11a_br_arty.vhd sys_w11a_br_arty_rou_util_h.rpt
sys_w11a_br_arty_bit.log sys_w11a_br_arty_syn.dcp
sys_w11a_br_arty_imp.log sys_w11a_br_arty_syn.log
sys_w11a_br_arty_opt.dcp sys_w11a_br_arty_syn_util.rpt
sys_w11a_br_arty_opt_drc.rpt tb
sys_w11a_br_arty_pla.dcp vivado.jou
sys_w11a_br_arty_pla_cset.rpt vivado.log
sys_w11a_br_arty_pla_io.rpt
$ ls -l *.bit
-rw-rw-r-- 1 ocha ocha 2192125 6月 4 15:45 sys_w11a_br_arty.bit

この.bitファイルがFPGAのコンフィグレーションに使われるファイルです。

PDP-11をARTY FPGAボードで動かしてみた(2) OpenCores開発環境の準備

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

Vivadoの開発環境がインストールできたところで、次はOpenCoresの開発環境を準備します。

OpenCoresのアカウントを取得する。

OpenCoresのページからアカウントを登録します。このアカウントでOpenCoresのsvnからソースツリーを取得することができます。
http://opencores.org/

必要なパッケージのインストール

開発環境に必要なパッケージをLinux環境にインストールします。

  • build-essential
  • libboost-dev
  • libboost-date-time-dev
  • libboost-thread-dev
  • libboost-regex-dev
  • libusb-1.0-0-dev
  • tcl
  • tcl-dev
  • tcllib
  • tclreadline
  • subversion

PDP-11をARTY FPGAボードで動かしてみた(1) Vivado開発環境の準備

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

はじめに

OpenCoresFPGAでPDP-11を動かすプロジェクトにしたがって、Xilinx Artix-7が載ったDIGILENTのARTYというFPGA評価ボードでUNIX V5を動かすまでをまとめました。

FPGAについては初心者ですので、間違っているところもあるかもしれません。

今回使用するDIGILENTのARTYは秋月電子で取り扱っています。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-10034/

使用するLinux環境ですが、ubuntu 14.04 LTSをiMacのVMware Fusionにインストールしているので、この上で作業を行いました。

Vivado開発環境の準備

Xilinx社のFPGA開発環境であるVivadoのインストーラーは以下にあります。
Vivado Design Suite - HLx Editions - 2016.1 Full Product Installation
http://japan.xilinx.com/support/download.html

各種のインストーラがありますが、今回は以下のLinux版を使用します。

Vivado HLx 2016.1: WebPACK および Editions - Linux 用自己解凍型ウェブ インストーラー
(BIN - 80.67 MB)

これをubuntuのFirefoxでダウンロードしました。正常に終了するとDownloadsフォルダに保存されます。

$ cd ~/Downloads
$ ls
合計 88524
Xilinx_Vivado_SDK_2016.1_0409_1_Lin64.bin
$

Vivadoインストーラーの起動

ダウンロードしたファイルを実行してインストールします。私はsudoでインストールしてしまいましたが、sudoである必要はないらしいです。

$ chmod 555 Xilinx_Vivado_SDK_2016.1_0409_1_Lin64.bin
$ sudo ./Xilinx_Vivado_SDK_2016.1_0409_1_Lin64.bin
[sudo] password for ocha:
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing Xilinx Installer.............................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
INFO : Log file location - /root/.Xilinx/xinstall/xinstall_1465016640139.log


GUI画面が表示されるのでインストールを行います。Artix-7のチェックを忘れずに。

vivado_linux1.jpg

PDP-11をARTY FPGAボードで動かしてみた

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

OpenCoresというサイトにFPGAでPDP-11を動かすプロジェクトがあったので、Xilinx Artix-7が載ったDIGILENTのARTYというFPGA評価ボードでPDP-11を動かしてみました。

arty_fpga_board.jpg

開発環境の設定でかなり試行錯誤しましたが、なんとかUNIX V5まで動かすことができました。

pdp11_v5unix.png

動かすための手順については以下にまとめました。

警告とメッセージ