きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「CMS」が付けられているもの


LinkStationにConcrete5をいれてみる。

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

LinkStationのDebianにインストールしたMovable Type 4がいまいちだったので、他にいい素材がないか探していたら、今評判のCMSとしてConcrete5というのを見つけたので、LinkStationのDebianにインストールしてみました。


$ sudo apt-get install apache mysql-server php5 php5-mysql libapache-mod-php5 php5-gd
$ cd ~
$ unzip concrete5.2.0RC2.zip
$ sudo mv concrete5.2.0RC2 /var/www/concrete5
$ cd /var/www/concrete5
$ sudo chmod 777 config files
$ cd concrete/libraries/3rdparty
$ sudo chmod 755 htmldiff.py?
$ mysql -u root -p
Enter password:?
mysql> create database concrete default character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

mysql> grant all on concrete.* to conuser@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.05 sec)

mysql> FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> quit
Bye
$?

あとは、http://192.168.3.xxx/concrete5/ でセットアップ開始。
システム環境に問題があった場合は、左側の画面に表示されるのでつぶしていきます。
システム環境に問題が無くなったら、右側の画面でサイト名やメアド、MySQLのDB情報を設定するだけ。
気になるスピードですが、まあなんとかなるかなぁという感じでした。
i18N版も開発が進んでいるようなので、そちらも試してみたいと思います。

警告とメッセージ