きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「ELIS68」が付けられているもの


6802ワンボードコンピュータELIS68を動かしてみた(5)GAME動作編

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

GAMEが動き始めたELIS68ですが、残念ながら手持ちのエンサクロペディア Volume2にはGAMEの全4回の連載のうち2回分しか掲載されておらず、続巻のエンサイクロペディア Volume3は持っていません。こういうときは国立国会図書館が頼りです。

国立国会図書館サーチを使うと蔵書の検索を行うことができます。GAMEの連載は以下の4つのようです。

  • ASCII 2(7)(13) 1978-07 新言語"GAME"
  • ASCII 2(8)(14) 1978-08 GAME インタプリタの研究
  • ASCII 2(9)(15) 1978-09 行編集機能とディスコンパイラー
  • ASCII 2(10)(16) 1978-10 6800用セルフアセンブラ

おまけに、68系のGAMEコンパイラの記事も見つけました。

  • ASCII 5(5)47 1981-05 H68/TR GAME68コンパイラ

さらに、ELIS68の連載5回目のQ&Aの記事も見つかりました。

  • ASCII 3(12)(30) ELIS68 Q&A 編集部

これまで何度か国会図書館は利用していますので、早速出かけて該当の記事を複写していただきました。

elis68_game5.jpg

6802ワンボードコンピュータELIS68を動かしてみた(4)GAME移植編

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

ELIS68は6800用のあらゆるソフトを走らせるために作られたスーパーマシンです。MIKBUG 2.0だけ動かして終了というわけではありません。ELIS68のマニュアルにはGAME(ここではGAMEIII)というインタプリター言語を動かすための手順が載っています。

GAMEは大西 博氏が開発し、月刊アスキーの1978年7月号から10月号まで連載されていました。たまたま手元にあるエンサイクロペディアアスキーVolume2にも掲載されていました。

elis68_game0.jpg

GAMEは文法的にはVTL(Very tiny language)に近く、機能的にはTiny BASICにASCII文字や16進数の処理やメモリアクセスの機能が加わったインタープリター言語です。CPUが非力でメモリ空間が小さい昔の8ビットマイコンにおいては、このような小さい言語が活躍していました。GAME言語でゲームを書くようなこともしていました。

6802ワンボードコンピュータELIS68を動かしてみた(2)部品収集編

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

ELIS68の基板とマニュアルを入手したところで必要なパーツを洗い出します。

  • U1 MC6802 Microprocessor with clock and optional RAM (手持ちあり)
  • U2 MC6846L1 ROM-I/O-Timer
  • U3 MCM6810 128 x 8-bit static random access memory
  • U4 MC6850 Asynchronous communications interface adapter
  • U5 MC6821 Peripheral interface adapter (手持ちあり)
  • U6 74LS00 Quad 2-Input NAND Gate(手持ちあり)
  • U7 74LS08 Quad 2-Input AND Gates(手持ちあり)
  • U8 MC14526 Presettable 4-Bit Down Counters
  • U9 MC14024 7-Stage Ripple Counter
  • U10 MC1458 Dual Operational Amplifiers
  • U12 MC14583 Dual Schmitt Trigger
  • U13 74LS138 3 to 8 Decoder/Demultiplexer(手持ちあり)
  • U16-U31 MCM2114 4096bit (1024 x 4bits) Static RAM

74系のデバイスは手持ちもありますし、そんなに入手は難しくはありません。
やはり難しいのは68系の周辺デバイスとメモリでしょうか。

メモリICのMCM2114を試しにヤフオクで検索したところ、同等品のNEC uPD2114LC-5 (SRAM nMOS / 4K 18Pin DIP) [4個組]が500円でしたので、こちらで必要数が入手できました。

elis68_2114.jpg

6802ワンボードコンピュータELIS68を動かしてみた(1)入手編

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

ELIS68というワンボードマイコンの基板がヤフオクにありました。このワンボードマイコンは聞きなれないものでしたが、手持ちのエンサイクロペディアアスキーVol.2を見たところ、6802CPUと周辺チップと2114RAMを使い、MIKBUG 2.0というモニタープログラムをシリアルコンソールで操作できるというものでした。今回ヤフオクで入手したのはこのキットで、ICが未実装の基板とマニュアル一式です。

elis68_manual1.jpg

マニュアルの表紙にも書かれていますが、ELIS68の名前の由来はExecutive Language Internalize System 6502とのことで、6800用のあらゆるソフトを走らせるために作られたスーパーマシンとのことです。

基板にはICソケットやコンデンサといった部品は実装済みでしたが、CPUやメモリなどのICは当時高価だったため完成には至らなかったようです。しかし、前の持ち主のかたはパーツセットを綺麗なハンダ付けで実装されていて基板の状態も良く、大切に保管されていたようです。

elis68_board1.jpg

警告とメッセージ