タグ「LEGO」が付けられているもの


63B03デュアルCPUマイコンボードで遊んでみた(3)モニタ実装編

前回までの解析でメモリマップがわかりました。次はこのマイコンボードにモニタを実装して、自由にプログラムが動かせるマイコンボードにしてみます。

63B03用モニタプログラムの準備

まずは63B03用のモニタを探します。検索したところ以下のモニタがみつかりました。

モトローラ純正のMC6801用のモニタのようです。PDFファイルにソースリストが載っていますが、ソースファイルもLILBUG.ASMで検索すると見つけることができました。

このモニタはコンパクトにできていて、$F800-$FFFFに配置するため、今回のマイコンボードに載せるにも都合が良いです。

63B03デュアルCPUマイコンボードで遊んでみた(2)解析編

前回はROMデータの読み込みまでを行いました。このROMデータの解析を行ってこのマイコンボードの仕様を探ります。しかし、63B03の開発環境は持っていませんので、インターネットにある情報から開発環境の整備を行います。今回はWindows10 Home 64bitのPCで作業をおこなっています。

ROMから読みだしたデータはIntel HEX形式のフォーマットになっているので、これをバイナリファイルに変換します。

プログラムはVectorのサイトで見つけた以下のプログラムを使用しました。

こちらにROMから読みだしたデータを与えて、バイナリファイルに変換します。

63b03_intelhex_binary.png

これでバイナリファイルができました。

63B03デュアルCPUマイコンボードで遊んでみた(1)調査編

ヤフオクで63B03が載っているマイコンボードを見つけました。このマイコンボードは2枚のCPUボードがDual Port-RAMで結合されて協調して動作するもののようです。価格も安かったので落札しました。

到着したマイコンボードはこんな感じです。

68B03_dual_cpu_board1.jpg

基板の大きさも同じで、40Pのコネクタも同じ位置に配置されていますが、若干構造は違うようです。それぞれのボードが特定の役割を持っているように見えます。

iPhone5のLEGOケースでお庭を作りました

  •  
  •  
  • Category:

iPhone5のLEGOケースが販売開始ということで予約していましたが、本日到着しました。

iphone_lego1.jpg

早速 iPhone5に装着。さて何を作りましょうか。

iphone_lego2.jpg

とりあえずお庭をつくってみました。一軒家でイヌがいるような。

iphone_lego3.jpg

ん? 着信で風車が回った?

着信中の様子をYouTubeにアップしておきました。