きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「Linux」が付けられているもの


Movable Type 5 ベータ2を試す

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

Movable Type 5のベータ2が公開されていたので、Mac OS XのParallels Desktopにubuntu Linuxをセットアップして、その上にMovable Type 5 ベータ2をインストールしてみました。
ダッシュボードは1つのウェブサイトの下にいくつかのブログがあるといったような見え方に変更されていて、わかりやすくなっているように思えます。管理画面などのデザインも洗練されたように感じます。
これをいきなりレンタルサーバにインストールするのはちと勇気が必要なので、しばらくはubuntuの環境で使い方をマスターすることにします。正式版の公開が待ち遠しいです。

mt5_beta2.jpg


EeePC 4GにXandrosをインストール

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

これまで使ってきたモバイルパソコンEeePC 4Gの環境は無事VAIO type Pに移行しました。
これで、EeePC 4Gの役割が終わってしまったわけですが、せっかくメモリが2GBも積んでいることなので、何か他の用途に使えないかなとうろうろしているとみなさん「Xandros」をインストールして、しかも日本語がつかえるようにしているようです。
早速私もやってみました。参考にしたサイトはこちらです。写真が豊富につかってあって、わかりやすいですね。

さて、まずはDVDを作成。私の場合はいつもMacBook Proで焼いてます。

eeepc_Xandros_dvd.jpg

そして、この前購入したDVDドライブをEeePCにつないでbootします。

eeepc_Xandros_dvd_boot.jpg

順調にXandrosが起動していきます。

eeepc_Xandros_bootmessage.jpg

インストールが完了して、再起動すると英語版になります。

eeepc_Xandros_us.jpg

このあと、ゴソゴソ作業をすると。

eeepc_Xandros_jp.jpg

これで日本語版になりました。素晴らしい。

実際に使ってみましたが、Windows XPよりXandrosがはるかに快適という印象。
やはり、EeePCはこのXandrosありきで開発されたものなのでしょうね。
こんな小さなマシンで、せっかくLinuxが稼働しているわけですから、いつものようにサーバ化してみますかね。メモリも2GBありますし・・・。

VAIO type P 明日発売

  • 投稿日:
  • by
  • Category:
明日16日はVAIO type Pの発売日ですね。
今回は先行予約に乗り遅れてしまったので、人柱としての楽しみは無いのですが、発売日当日に入手できたかたのレポートが楽しみです。
ぜひ、Windows 7 betaやWindows XP, Linux,OS/2などなどいろいろインストールしてみて欲しいです。

VAIO PCG-C1/XEにVineLinux 3.1をインストールしたメモ(1024x480と無線LAN)

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

VAIO PCG-C1にVineLinux 3.1をインストールしてみました。
普通のPCへのインストールは行えることが前提です。
ここではVAIO C1特有の画面サイズを1024x480に設定する方法と、無線LANの設定方法が中心です。

1. CD-ROM焼き
 Mac miniで焼きました。
2. VineLinux 3.1のインストール
 VAIOに純正CD-ROMを接続してインストールであります。テキストモードで実行しました。
3. /etc/X11/xorg.confの修正
(1) キーボードを106キーボードに。

Option "XkbModel" "pc101" を "jp106"に
Option "XkbLayout" "us" を "jp" に

(2) Monitorの定義

Section "Monitor"
Identifier "VAIO"
HorizSync 30-133
VertRefresh 50-200
ModeLine "1024x480" 65.00 1024 1032 1176 1344 480 488 494 563 -hsync -vsync
EndSection

(3) Deviceの定義

Section "Device"
Identifler "VAIO"
Driver "neomagic"
VideoRam 2048
Option "externDisp" ""
Option "internDisp" ""
Option "override_validate_mode" ←これがミソ
EndSection

(4) Screenの定義

Section "Screen"
Identifier "Screen 1"
Device "VAIO"
Monitor "VAIO"
DefailtDepth 16
Subsection "Display"
Depth 16
Modes "1024x480"
ViewPort 0 0
EndSubsection
EndSection

4. startx で、X11を起動すると、GNOMEが立ち上がる。
5. アプリケーション→システムツール→ネットワークの設定
 追加ボタンを押す
 無線LANの設定
  無線LANデバイス   eth0 を選択
  ネットワーク名    ESSIDを入力
6. 無線LANのWEPパスワードの設定
 設定ファイル: /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes
USERCTL=YES
NAME="無線 LAN カード"
DEVICE=eth0
ESSID=XXXXXXXXXX ←さっき入力したESSIDが設定されてるはず。
PEERDNS=yes
KEY=s:XXXXXXXXXX ←WEPパスワード。頭のs: は文字列であることを示す。

7. 5.のネットワークの設定で、「有効にする」ボタンを押す。
8. netstat やping でネットワーク接続を確認。

今日はここまで。

警告とメッセージ