きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「MAX10」が付けられているもの


秋月電子の球体液晶ユニットでミクさんを動かしてみた

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

秋月電子の球体液晶ユニットの実験の続きです。前回はRGBデータを固定で与えることでカラーストライプまで表示できることを確認しました。

やはり何らかの画像を表示してみたいと思い、いろいろ調べたところFPGAで液晶に画像を表示しているこちらの記事を参考にさせていただきました。

MAX10にもSRAMがありますので、MAX10のSRAM上にROMの領域を作成し、画像データをそちらに格納して表示させることにします。画像データはROMの初期化ファイル(.mifファイル)として作成しますが、これはUbuntuにopencvをインストールして作成しました。

液晶モジュールは196×196ピクセルで各色6ビットの深度です。このままのデータだとSRAMに収まらないのでやむなく各色3ビットに落としてデータを作成し、LCDに色データを与えるルーチンを書き換えてミクさんの画像が表示できました。

globe_lcd_miku1.jpg

画像は確認できましたが、各色3ビットなので512色しか表示できないので色がイマイチです。

秋月電子の球体液晶表示ユニットを動かしてみた

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

秋月電子の新製品で興味あるデバイスが販売されていました。ドーム型スクリーン用カラー液晶プロジェクタ(球体液晶・光学表示ユニット)です。詳細な仕様書もあり、信号さえ作れば表示できそうな雰囲気です。

globe_lcd_1.jpg

このLCDは色信号をパラレルで入力してVSYNCやHSYNCといった信号を常に流し続ける必要があります。これをFPGAで動かしてみようと思いつきました。ちょうどCQ出版社のFPGA電子工作スーパーキットの付録のMAX10がありますのでこれが手頃です。

警告とメッセージ