きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「NXP」が付けられているもの


トラ技付録のLPC810実験基板で遊んでみた

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

2014年2月号のトランジスタ技術の付録はNXP LPC810マイコンと実験用プリント基板とCD-ROMです。
すでにLPC810は秋月で何個か購入して動かしたこともあるのですが、本誌にいろんな応用例が載っているようなので購入しました。
付録として実験用プリント基板がついてきましたので、手持ちの部品で可能な限り実装してみました。
LPC810マイコンの書き込みは、LPCXpresso LPC1768のLPC-Linkを使いました。(LPC-Linkにピンヘッダを取り付け済み)
取り急ぎLPCXpressoのサンプルプログラムのblinkをベースに、実験用基板でLEDが接続されているポートに書き換えてコンパイル後にLPC-Link経由でLPC810に書き込み、LEDが点滅することを確認しました。
toragi_lpc810_0.jpg

次にEEPROMの書き込み、読み出しです。こちらも問題ありません。
toragi_lpc810_1.jpg

次に温度センサーと大気圧センサーですが、こちらは手持ちの秋月のモジュールを使いました。
でも、実験用基板のピン配置はマルツのモジュール用なので、そのまま取り付けることはできません。
そのためセンサーモジュール取り付け用のICソケットからワイヤーを引き出してブレッドボード上のセンサーモジュールに接続しました。
toragi_lpc810_2.jpg

問題なく動きますが、あまりかっこ良くありません。
マルツのセンサーモジュールを持っていないのであれば、ICソケットは取り付けずに実験用基板に引き出されているI2Cの端子を使うのが良さそうです。
もっともこのぐらいの規模であればブレッドボードで済んでしまうので、あまりこの基板のメリットは見当たりません。
しいて言えばI2C LCDがそのままハンダ付けできる点ぐらいでしょう。
でも初心者のかたには役に立つツールになるのではと思います。
来月号はLPC-Link2のようなものが付録になるようですが、LPC-Link2も持っていますので・・・。

NXPさんからクリスマスプレゼントが届きました

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

@nxpfanさんがLPCXpresso-LPC812プレゼントというクリスマス企画をやっていたので、何気なくRetweetして応募したらなんとLPCXpresso-LPC812が当たってしまいました。当選してビックリしましたが、@nxpfanさんもビックリしていたようです。

というわけで本日到着しました。LPCXpresso LPC812です。

LPCXpresso_lpc812.jpg

ターゲットボードにLPC812がちょこんと載っています。ターゲットボードにはカラーLEDとボリュームも載っていて、予め書き込まれている動作確認用のプログラムで、ボリュームを回すとカラーLEDの点滅パターンがいろいろ変わってまるでクリスマスツリーのLEDのようです。

LPCXpresso_LPC812_2.jpg

LPCXpresso LPC812プレゼントをクリスマス企画にしたのはそういう理由かもしれません。
本当にありがとうございました。>@nxpfanさん

警告とメッセージ