きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「PICAXE」が付けられているもの


PICAXE-28X2シールドベースを試してみた

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

昨日秋月電子で購入したPICAXE-28X2 Shield Baseを動かしてみました。

picaxe_28x2_shield_base.jpg

まずはPICAXE-28X2 Shield BaseのマニュアルをPICAXEサイトで斜め読みして、+9VのACアダプタをつなぎ、AXEPadでmodeをPICAXE-28X2にした上で、Lチカのプログラムを入力しました。ProgramでPICAXE-28X2に書き込もうとしたところ、デバイスが見つかりませんという表示が。おかしいなあともう一度マニュアルをみたら、PICAXE-28X2 Shield Baseにはジャンパー設定が必要だったのでした。

確かにパッケージにジャンパーピンが4つ付属しています。まずこれを取り付けないと動きませんのでご注意を。

これで問題なくLチカができました。

次に手持ちのDecoシールドを取り付けて、LEDが順に点灯するプログラムを書いたところ、こちらも問題なく動きました。

一通り動かしてみたあとで、BASICの文法を見ましたが、かなり複雑なことができるようなので今後いろいろ試してみようと思います。

PICAXE-08M2でLチカをしてみました

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

最近秋月電子から販売が開始されたPICAXE(ピカクス)を買ってみました。
なにやらプログラムをBASICで書くそうでどんなものだろうと興味を持ったのがきっかけです。
購入したのは以下のものです。

  • PICAXE-08M2
  • PICAXEダウンロードケーブル
  • ブレッドボード用PICAXEダウンロードケーブルコネクタ
  • PICAXE-28X2シールドベース

開発環境で作成したプログラムをPICAXEチップに書き込む時にはシリアル通信のため、ダウンロードケーブルはUSB-シリアル変換を行っているようです。

PICAXE-08M2でLチカをしてみます。まずはハードウェアを準備します。今回はブレッドボードで組んでみました。

最初にブレッドボード用PICAXEダウンロードケーブルコネクタをハンダ付けして組み立てます。

AXE029_adapter.jpg

このダウンロードケーブルコネクタは18/28/40ピンのPICAXEチップの場合は、そのままチップの横に取り付けられるので便利なのですが、今回使う8PのPICAXEチップの場合はケーブルで配線しなければなりません。

次にPICAXE-08M2チップをブレッドボードに取り付け、電源コネクタとダウンロードケーブルコネクタを取り付けて配線します。なぜかブレッドボードのワイヤーセットが見当たらなかったので適当なケーブルを3本使って見た目がスッキリしませんが、あとでワイヤーセットがでてきたらきれいにします。

PICAXE_prototype.jpg

接続はこんな感じ。電源はACアダプタ(+5V)を使いました。

PICAXE-08M2 1P +5V

PICAXE-08M2 2P Serial In ---- AXE029 IN(RXD)

PICAXE-08M2 3P C.4(Output) ---- LED ---- 330Ω ---- 0V

PICAXE-08M2 4P NC

PICAXE-08M2 5P NC

PICAXE-08M2 6P NC

PICAXE-08M2 7P Serial Out ----- AXE029 O2(TXD) ... O1でも良い。ジャンパを合わせたところ。

PICAXE-08M2 8P 0V ------------- AXE029 0V

外部電源 +5V

外部電源 0V

開発環境はMacBook Airを使いました。ソフトウェアのインストールは以下の2つだけです。いずれもPICAXEのサイトのDownloadから無料で入手することができます。

  • ダウンロードケーブルのドライバ (AXE027 USB Cable Driver)
  • 開発環境のAXEpad

まずはダウンロードケーブルをMacに接続する前に、ドライバをインストールします。

インストールが完了したらターミナルを立ち上げて、

ls -l /dev/tty.usbserial-*

と入力して、デバイス名を確認します。私のMacBook Airでは、/dev/tty.usbserial-000013FA となっていました。

次に開発環境のAXEpadをインストールして、ViewメニューのOptionsを選択します。Modeをクリックすると書き込むPICAXEチップの種類が設定できますので、PICAXE-08M2を選択しました。

axepad_view_options_mode.jpg

次にPortを選択し、先ほどのダウンロードケーブルのデバイス名を設定します。

axepad_view_options_port.jpg

これで開発環境の準備は完了しました。

あとは、AXEpadに表示されている画面にプログラムを入力していきます。BASICで書きますがラベルが使えます。

axepad_program1.jpg

入力が完了したら、PICAXEメニューのCheck Syntaxで問題ないか確認したあとに、ProgramでPICAXEチップに書き込みます。

無事Lチカが行えました。

明日はPICAXE-28X2シールドベースをいじってみたいと思います。

警告とメッセージ