きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「Raspberry Pi」が付けられているもの


Firefox OS & Raspberry Pi WoTハンズオンに参加してみた

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

2015/4/26に開催されたFirefox OS & Raspberry Pi WoTハンズオンに参加してみました。

Firefox OSのハンズオンは以前にも参加したことはありますが、Raspberry Piとの連携をやったことがなかったので、良い機会と考えました。会場はMixiさんです。

fxos_pi_handson01.jpg

最初に興味があったRaspberry Piのハンズオンに参加しました。

材料はこんな感じです。

fxos_pi_handson02.jpg

  • Raspberry Pi model B+
  • microSDカード or SDカード
  • USB WiFiアダプタ
  • USB-シリアル変換ボード
  • ブレッドボード
  • 電池BOX(006Pスナップ付き)
  • 単三電池2本
  • モバイルバッテリー(miniUSBコネクタ付)
  • モーター
  • USBケーブル
  • モータードライバIC
  • 抵抗
  • LED
  • 配線材料

今回のハンズオンは配布されたPDFのテキストに従って各自もくもく進める形式でした。不明な点があったらチューターのかたにその都度質問をするという形です。

Raspberry PiのOSや必要なソフトウェアはすでにSDカードに書き込み済で、すぐハンズオンに取りかかれましたが、最初にUSB-シリアル変換ボードを使ってシリアルコンソールでRaspberry Piにログインすることになります。このあたりはこれまで経験がありましたので、スムーズに行うことができました。

次にNode.jsを使いJavaScriptのプログラムでハードウェアの制御を行っていきます。このあたりは未経験なのですが、思ったよりは簡単に進みLチカまではできました。

fxos_pi_handson03.jpg

さて次に進もうかと思っていたところに知り合いの講師のかたに肩を叩かれ、

「すみません。チューターを手伝ってください・・・。」

実は最初のステップのシリアルコンソール接続でRaspberry Piにログインできない人が多く、急遽サポーターとしてお手伝いすることになりました。

ハンズオンのゴールとしては、エミュレーター上のFirefox OSアプリからWebSocketでRaspberry Piと通信し、PWMでモーターを制御するというものでしたが、マニュアルに誤記があったり、WiFiネットワークにRasberry Piがうまく接続できなかったり、その後もトラブル続出でした。

実際にハンズオンでモーターが制御できた動画を載せておきます。この動画には写っていませんが、Firefox OSアプリにスライダーが表示されていて、それを動かすとモーターの回転数が変化するというデモになります。

これまではハンズオンやハッカソンに参加者としての立場で参加してきましたが、今回ひょんなことから運営側の経験ができて、いかに事前準備が大変だということがわかりました。私も運営側としてお手伝いできることがあれば参加していきたいと思います。開催者の皆様お疲れ様でした。

fxos_pi_handson99.jpg

【追記】

ハンズオンで使用したULN2003Aの代わりに、TD62083APGを使って同様な動作ができることを確認しました。

RAPIROにカメラを取り付けました

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

RAPIROにRaspberry Piのカメラモジュールを取り付けました。

頭の中に取り付けますが、力がかかる部分ではないので、とりあえず2本のネジだけで固定しています。

rapiro_camera.jpg

カメラレンズの穴と、カメラモジュール基板のネジ穴が一致するためにはフレキシブルケーブルを上にして取り付けます。このケーブルの片端はRaspberry PiのHDMIとLANコネクタの間にあるコネクタにとりつけます。Raspberry Piへの接続方法や設定方法、カメラ関連ソフトウェアのインストールなどはRaspberry PiのCameraページが参考になります。

早速、Raspberry Piにログインして、カメラで画像を撮ってみました。

コマンドは以下のようになります。

pi@raspberrypi ~ $ raspistill -w 640 -h 480 -o capture.jpeg

撮影したcapture.jpegをMacに転送して表示したところ・・・

capture.jpeg

あれれ、逆さまになってしまいました。カメラモジュールの取り付け方を間違えたのかなと一瞬思いましたが、ネジ穴の位置から考えるとあの取り付け方しかできません。

何らかの方法で上下を反転させれば良いはずなので、いろいろ調べたところ、それを行うためのパラメタを見つけました。

-rot Set image rotation (0-359)

このパラメタを180と指定すれば上下反転されるはずなので、以下のコマンドを入力しました。

pi@raspberrypi ~ $ raspistill -w 640 -h 480 -rot 180 -o capture1.jpeg

撮影したcapture1.jpegをMacに転送して表示したところ・・・

capture1.jpeg

今度は正常に表示できました。

別コマンドになりますが、もちろんビデオ撮影もできています。

単なるストリーミングという使い方もできますが、いずれは画像認識を試してみたいですね。(残念ながらこのあたりのノウハウはありませんので、これから勉強ですが・・・。)

あと、いろいろRAPIROをいじっていたらふと気がつきました。

rapiro_led.jpg

このUSBコネクタの横にある、縦のスリットは何なのかと思っていたのですが、実はここからRaspberry Piの基板にあるLEDが良く見えるのです。このためにスリットを用意しているのではないかなと。良く考えられていると感心しました。

Raspberry Piが到着しました

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

かなり前にオーダーしていたRaspberry Piがオリンピックで盛り上がっているイギリスから到着しました。

パッケージはこんな感じです。
raspberry_pi_1.jpg
中身は簡単な説明書(「QUICK START GUIDE」と「最初にお読みください」)が2枚と基板だけです。
raspberry_pi_2.jpg
本体基板の表面です。ネジ穴がないのでどうやって固定しようかな。
raspberry_pi_3.jpg
本体基板の裏面です。久しぶりに標準SDカードのスロットを見たような気がします。
raspberry_pi_4.jpg
残念ながら起動するためのSDカードをまだ作成していないので、週末にでも試してみます。

警告とメッセージ