きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「Z80」が付けられているもの


H8/3048F-ONE評価基板でKOZOSを動かしてみた(実装編)

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

KOZOSはフルスクラッチの小さなOSです。今回は以前cygwin上に作成したH8 gccクロスコンパイル環境を使って開発をします。KOZOSのターゲットボードはH8/3069Fネット対応マイコンLANボード(K-01271)であり、今回のH8/3048F-ONE評価基板とCPUが違います。CPUのコアはH8/300Hなので同じですがフラッシュROMとRAMの容量が異なり、それに伴ってメモリマップも変わってきます。

  • H8/3069F ・・・・CPU内蔵 フラッシュROM 512KB、RAM 16KB
  • H8/3048F-ONE・・CPU内蔵 フラッシュROM 128KB、RAM 4KB

この評価基板には外部フラッシュROMや外部RAMも実装されているのですが、この時点ではどのようなメモリマップに配置されているのかがわからないので、CPUの内蔵ROM/RAMのみを使います。
ROMはともかくRAMが4KBしかない点が気になりますが、まずはできるところまでやってみようと考えました。

H8/3048F-ONE評価基板でKOZOSを動かしてみた(準備編)

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

ソフィアシステムズさんのBDZ Series H8 Embedded Training Boardをヤフオクで手にいれました。

h8board01.jpg

すでに販売終了のもので何か仕様書のようなものはないかと探してみましたが見つかりませんでした。でも、秋月電子で販売しているH8/3069Fネット対応マイコンLANボード(K-01271)を使ったことがありますのである程度動かせるかなと。秋月電子でも同じCPUを使ったAKI-H8/3048F-ONEマイコンボード(K-02119)がありますのでこのデータシートも役に立ちそうです。

※この内容は個人的な興味で行ったもので保証はありませんし、内容についてソフィアシステムズ様などへの問い合わせ等も行わないようにお願いします。

このボードの概要は以下の通りです。

【特 徴】
・CPUに16ビット・ワンチップ・マイコン H8/3048F-ONEを採用
・μITRON(Ver4.0準拠)が動作可能なハードウェア仕様
・外部I/Fとして、RS232C×1chと100Base-Tを装備
・1MB外付けSRAMを搭載し、内蔵フラッシュROMを使用せずにデバック作業が可能
・プログラムダウンロード、オンチップデバックが可能なI/Fを装備

秋月電子のH8/3069Fボードではシリアルポートを使ってマイコンに書き込みを行いました。このH8ボードでも同様のことができるはずです。ボードのコネクタを目視で確認したところ次の2つがシリアルのようです。

・JCOM (RS232C)・・・D-SUB9Pで見るからにRS232C

・JPRG (3P)・・・・・PRGはプログラミングの略?

このH8ボードでは、CPUが小さい基板にはんだ付けされていて、全ピンが引き出されています。この部分を利用して、H8/3048Fのデータシートをみながらテスターで辿ってどのように接続されているのかを確認していきます。

マイコンのフラッシュに書き込むためのシリアルポートはポート1を使用しますが、このH8基板ではJPRGにTXD1,RXD1、JCOMにTXD0,RXD0が接続されていました。これで、JPRGコネクタがH8/3048F-ONEプログラム書き込み用と判断しました。

また、基板上にはRS232CドライバであるMAX3232があり、JPRGとJCOMはRS232Cレベルと考えられますので、いつものFT232基板(5V/3.3V)を使うのではなく、秋月電子のUSB-シリアル変換ケーブル(M-00720)を使いました。

WindowsPCをUSB-シリアル変換ケーブルを使ってJPRGコネクタに接続し、定番のFDTをインストールしてデバイスが認識されるかを確認したところ問題なく認識できました。これでH8/3048F-ONEへの書き込み準備ができました。

h8board02.jpg
次はマイコンに書き込むプログラムを作成します。以前H8を使ったときはKOZOSという小さいOSを書き込みましたので、この基板でもKOZOSを動かしてみたいと思います。
(続く)

Super AKI-80でLチカをしてみました

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

突然ですが、Super AKI-80を使ってLチカをしてみました。
昔実際に作っていたZ-80系の古い本「つくりながら学ぶマイコン設計トレーニング」(CQ出版社)を入手したこともあり、本物のZ-80を動かしたくなってしまいました。

aki_80_eprom.jpg

秋月のAKI-H8/3069FでuClinuxを動かす

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

ひょんなことから、秋月のAKI-H8/3069Fボードを2枚入手しました。
H8マイコンとシリアルI/F、LAN I/Fが載ってます。添付のCD-ROMにはH8/OSが入っていましたが、調べてみるとすこし古いですが以下のような記事を見つけました。

@IT MONOist - 山あり谷あり、非力なマイコンでuClinuxを動かすべし

まさにやってみたいことが載っています。
というわけで、この記事を参考にしながら、uClinuxを動かしてみました。

まずは作業環境を整えないといけません。私の場合はMacBook Proを主に使っているので、この手のものを試すときにはParallels Desktop上のLinux環境で行います。ついでに少し古いLinux環境しか無かったので、最近リリースされたDebian 6.0を新たに仮想マシンにインストールしました。この上でカーネルのコンパイルとかもできるのですが、今日は時間がなかったのでサイトに掲載されているバイナリを使用しました。もっと新しいuClinuxのソースもあるようなので、それも試してみたいと思います。
まず、MacBook ProとH8/3069FボードをUSB-シリアル変換ケーブルで接続し、ブートローダーとなるRedBootをh8writeでボードのフラッシュROMに書き込みます。minicomを起動してリセットしたところ、無事RedBootが起動しました。
ネットワークブートするための環境は、LinkStationにDebianを載せたhackkitで、tftpサーバとNFSサーバを動かして、そちらにカーネルとファイルシステムを置きました。

特に問題なく作業は進み、H8/3069FボードでuClinuxをブートすることができました。フラッシュROMに我が家のネットワークの情報と起動スクリプトを組み込みましたので、H8/3069FボードをHUBにつないで電源を入れるだけで、uClinuxが起動します。

aki_h8_3069f_uClinux.jpg

実際にアプリケーションも動かしてみたいと思いますが、今日は時間が無くなったので来週にでも。

警告とメッセージ