きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「eJackino」が付けられているもの


eJackino miniでLCD温度計をつくる

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

Arduino互換のeJackino miniを組み立てました。部品数も少ないのですぐ完成しました。

ejackino_mini.jpg

ATmega168はeJackinoで動いているものを抜いて、そのままeJackino miniに差しました。
eJackinoではLCD温度計が動いていましたが、そのスケッチを書いたマイコンをそのまま使いましたので、eJackino miniで同じ回路を組んでみました。

ejackino_mini_lm73.jpg

すべてブレッドボードに収まるので思った以上に使いやすかったです。電源は秋月の5V電源アダプタをつなぎました。

eJackinoでLCD表示温度計をつくる

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

eJackinoからLCDに表示ができるようになったので、何か表示させるものはないかなとジャンク箱を探していたら、エレキジャックの付録基板でLM73という温度センサーが目に留まりました。
arduinoにLM73を接続している人はいないかなぁと検索したところ、以下の記事がみつかりました。

なんと、このかたもeJackino基板が当選したようです。ちょっとびっくり。
早速参考にして、ソースを一部書き換えて、LCDに温度をリアルタイムに表示するようにしてみました。

eJackino_lm73.jpg

見事にLCD表示の温度計のできあがりです。LCD表示できるようになってから数時間後のことです。
本当にお手軽にいろんな実験ができますね。

eJackinoを組み立てて秋月のLCDにつなぐ

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

当選したeJackino基板を組み立てるべく、足りないパーツを買いに秋葉原にいってきました。ほとんどのパーツは揃ったのですが肝心のAVRマイコン(ATMega168-20PU)が品切れで見つかりません。困っていたところにマルツパーツ館でArduinoのブートローダが書かれたATMega168が一つだけ残っていて、やや高かったのですが、しかたなくそれを買ってしまいました。(本当はブートローダの書き込みもやってみたかったけど)

ejackino2.jpg

揃ったパーツを並べてみました。LEDは手持ちのものが沢山あったので、どれにしようか悩んでしまいました。

ejackino1.jpg

組み立て自体は特に問題なかったのですが、LEDの極性が基板に印刷されていなかったので、十分確認しながら取り付けなければなりません。A/Kとか書いてあると安心ですね。

ejackino3.jpg

あとは、ピンソケットが曲がってしまいそうだったので、ピンヘッダをつけて手持ちのユニバーサル基板に差し込んだ状態でハンダ付けをしました。

ejackino4.jpg

完成したeJackinoです。

ejackino5.jpg

早速、MacのUSBハブに接続したところ、LEDがちかちか点滅し始めました。問題なく動作しているようです。
次にLEDを点滅させるスケッチをアップロードしたところ、なぜかうまくアップロードできません。アップロード中にTXのランプはちかちか点滅するですが、RXのランプが全く点滅しません。ATMega168からの応答がきていないように見えます。いろいろ調べてみたら、X4ジャンパーをショートするのをすっかり忘れていました。これではマイコンと通信ができるわけがありません。ジャンパーをショートしたところ正常にアップロードできました。

あとは手持ちのLCDを接続してみました。プログラムはスケッチのサンプルがありましたので、そのソースに書かれたピン配置で接続しました。

ejackino6.jpg

無事問題なく表示されました。この秋月のLCDモジュールはLEDバックライトで小さくて使いやすくておすすめです。

警告とメッセージ