きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

タグ「yoga」が付けられているもの


Lenovo Yoga Tablet 8を買いました

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

Lenovo Yoga Teblet 8を購入しました。購入動機は3G版でもそこそこ安く、おまけに3月末まで4000円キャッシュバックキャンペーンをやっているのです。レビュー評価も良いようで、Nexus7 2012並みのスピードとのことで使えそうです。

到着したYoga Tablet 8です。純正のスリーブケースも買いました。

yoga8_1.jpg

純正スリーブケースはいい感じです。マグネットで自然に吸い付きます。

yoga8_5.jpg

でも純正ケースに付属の液晶保護シートの端が梱包が悪く折れ曲がっていました。本体に貼付けてもこんな感じ。ここは減点ですね。

yoga8_4.jpg

裏返して、手持ちのmicroSDカードと、手持ちのIIJmio SIMカードを取り付けましたが、外側からはカードを装着しているのかしていないのかも分かりません。何かに当たった拍子でカードが抜け落ちるということは無さそうです。

yoga8_6.jpg

いつものようにセットアップをしたところ、特に何もしなくてもIIJmio SIMが認識されてアンテナが立っていました。この点は面倒なAPNなどの設定をしなくても良いので楽です。

yoga8_7.jpg

Yoga Tablet 8の特徴でもあるバッテリーシリンダーですが、これを使った傾斜は非常に見やすく、立てることもできますので非常に便利でした。

スピードも各種レビューのように以前使っていたNexus7 2012ぐらいでしたので、ストレスもなく操作することができます。

問題は液晶保護シートが今ひとつということですが、これはまたの機会に交換したいと思います。

OpenOCDとJTAGにはまる

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

最近書き込みが少なくなっていますが、これはOpenOCDとJTAGにかなりハマっているためです。
JTAG I/Fは秋月のFT2232D基板を使って作ることができました。
ターゲットとしてインターフェース誌2009年5月号の付録ARM LPC2388基板をつなげたところ問題なく動きました。

LPC2388_JTAG.jpg

ここでは動作中の画面はありませんが、reset halt, resume, reg, stepといったOpenOCDのコマンドを使ってARM基板を制御することができました。
stepでステップ実行をすると、pcがカウントアップされ、レジスタの中身も変わります。ここまでは正常に動いているようです。

次にHP20bをつなげたのですが、

HP20b_JTAG.jpg

どうしてもうまく通信できません。
かなり試行錯誤しています。同じARM7のLPC2388ではあっさりつながり、HP20bではつながらないので悩み中。
詳細な手順とかもまだまとまっていないので、まとまったらアップします。
HP20bのCPUはAT91SAM7L128なのですが、このCPUをJTAGで制御できたという情報があったらぜひコメントをください。

HP20bを分解しました

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

去年の年末から大きな話題になったHP20bのケースを開けてみました。今年初めての分解作業です。
工具は先が薄い金ヘラと精密ドライバーになります。

あくまでも参考手順です。分解は自己責任でお願いします。

まず外側から見える場所のネジ3本と、ゴム足の下にある2本のネジを精密ドライバーで外します。
ゴム足は全部めくるのではなく、端を少しだけめくって、ネジを取るようにしました。
次に難関のプラスチックのツメですが、こういう構造のツメをはずすのに最適の工具があります。写真に映っている先が薄い金ヘラ(幅38mm)です。これは以前Mac miniを分解するときに購入したものです。今回もこれが役立ちました。ちなみにホームセンターで一般的に売られています。

hp20b_open01.jpg

こんな感じで隙間に金ヘラを差し込んで少し斜めにするとツメが外れます。

hp20b_open02.jpg

同様に横のツメも外していきます。

hp20b_open03.jpg

このように斜めにするとツメがはずれて浮き上がります。

hp20b_open04.jpg

すべてのツメを外して、ケースを開けることができました。ほとんど傷はついていません。

hp20b_open05.jpg

この方法であれば何度でも開け閉めできそうです。
次はJTAGコネクタを付けるためのケースの加工に入ります。

HP20bがおもしろそう

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

Twitterを眺めていたら、HP20bというキーワードがでてきました。
なにやらARMを載せていて、gccとかでプログラミングできる電卓とか。
さっそく、HPのサイトに行くと、Developer kit for HP 20b financial calculatorなるものがあり、ZIP形式で開発キットが公開されていました。
サンプルプログラムや回路図やオリジナルのROMイメージなどが入っていて、これはなかなか楽しそうです。
しかも、お手頃の値段になっているとか。HPの電卓にも興味がありますし、昔PC-1500みたいなポケコンとかFX-602Pとかのプログラム電卓も触っていたので懐かしいです。
年内には到着する模様です。これでまたおもちゃが増えてしまいました。


警告とメッセージ