タグ「6809」が付けられているもの


いろんなCPUをサポートしているSB-Assembler V3をつかってみた

久しぶりにSB-Projectsのサイトに行ったらSB-Assemblerが PythonベースのVersion 3になって、新たにAVRやPICをサポートしていてびっくりしました。これまでのSB-AssemblerはDOSベースのため、Windows 64bitで動かす場合はMS-DOS playerといったツールを使う必要がありました。

今回、Pythonベースになったことで、UNIX/Mac/LinuxはPython3があればすぐ動きますし、WindowsもWindows用のPython3をインストールすることで使えるはずです。

このSB-Assemblerはディレクティブが少し独特な面もありますが、多数のCPUをサポートしているので便利です。

今回、新しいVersion 3を使ってみました。

ダウンロードはSB-AssemblerのDownload pageから行います。

私の場合は、Windows10の環境で、WSLを使っていますので、そちらにインストールしました。

WSLでの環境構築の手順

  1. まずブラウザでダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルをWSLのホームディレクトリにコピーします。
  3. unzipで展開します。
  4. 展開したフォルダの中にあるsbasm本体とsbapackディレクトリを/usr/local/binにコピーします。WSLの場合はsudoを使ってコピーしてください。
  5. PATH変数に/usr/local/binが含まれていることを確認してください。
  6. python3がインストールされていない場合はsudo apt install python3 でインストールしてください。
  7. 環境が整えば sbasm と入力すると以下のように表示されるはずです。
    sbasm1.PNG
  8. これで環境構築は完了です。

SBC6809ルーズキットに6809モニタを載せてみた

SBC6809ルーズキットを組み立てて無事完成しましたが、いまのところサンプルプログラムしか動きません。次のステップに進むにはモニタプログラムを動かしたいところです。

まずは6809アセンブラの入手です。検索してみたところ次のものをみつけました。

なんと、太田昌孝氏が作成したもので、junet時代のものでした。

早速macのxcodeでコンパイルしたところ、レガシーなCの書き方のためエラーがでてしまいます。

as09 $ make
cc -O -DMC6809 -c -o as68.o as68.c
as68.c:10:7: warning: incompatible redeclaration of library function 'malloc'
[-Wincompatible-library-redeclaration]
char *malloc(),*strcpy(),*strcat();
^
 :
as68.c:989:1: warning: type specifier missing, defaults to 'int'
[-Wimplicit-int]
printdecimal(n,p)
^
fatal error: too many errors emitted, stopping now [-ferror-limit=]
127 warnings and 20 errors generated.
make: *** [as68.o] Error 1
as09 $

SBC6809ルーズキットを組み立ててみた

TwitterでスイッチサイエンスさんからSBC6809ルーズキットが販売されていることを知り早速オーダーしました。

sbc6809_board1.jpg

キットといっても基板だけです。あとはマニュアルを見て自分でパーツを集めて組み立てるというものです。

以前、6802のワンボードコンピュータELIS68を組み立てた時のパーツ集めよりは楽そうです。