タグ「8080」が付けられているもの


SBC8080ルーズキットに8255を接続してみた

無事SBC8080ルーズキットが動作したところで、8255を接続したくなってしまいました。

昔PC-8001をつかっていたのですが、拡張バスからケーブルを引き出して8255を接続していろいろ制御していました。同じことがまたできるかなと。

というわけで早速設計開始です。といっても8080に8255は簡単に接続できます。ざっと書いた回路図は以下の通りです。いつもの切り貼り+手書き回路図ですのできれいではありません。

8255_schematic.jpg

すでに、IOポートの00H~3FHはSUBボードの8251で使われているので、ここと重ならないように40Hから割り当てることにしました。

8255はポートA,B,Cを持っています。それぞれが8bitですので、ポート出力は10Pのコネクタとし、8ビットポートの出力と+5VとGNDもコネクタに接続しました。

基板は秋月電子のB基板と同じサイズとのことなので、仮組みをしてみました。

sbc8080_8255_pre.jpg

サイズもぴったりでいい感じですね。これで実装イメージがわきました。

SBC8080ルーズキットを組み立ててみた

電脳伝説さんのサイトで公開されているSBC8080という8080CPUを使ったマイコンボードのパーツがようやく揃ったので組み立ててみました。なお、このサイトで技術資料とデータパックが公開されていますので、専用基板が無くても組み立てることができます。でも、専用基板を使うのがおすすめです。(カッコいいし)

今回、集めた主要部品を並べてみました。

sbc8080_parts.jpg

今回は256Kbit RAMは秋月電子のSOPチップをピッチ変換ボードに載せて使っています。

8080CPUはオレンジピコさん、8228、8224は若松通商さん、8251は手持ちです。その他は秋月電子さん、千石電商さんなどで集めました。やはり8080系のチップは取り扱いがなかなか無いですね。

さて製作開始です。

sbc8080_start.jpg

ZK-80 mini (PIC32MX1チップTK-80互換機)で書き初めをしてみた

あけましておめでとうございます。新春初プログラミングは8080アセンブラでした。

私はZK-80 miniで動かしましたが、TK-80でも動くと思います。

プログラムリストは以下の通りです。8000番地から実行してください。

                                ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                ;; ZK-80 mini(TK-80 compatible)
                                ;; Happy New Year 2007 PROGRAM
                                ;; 2017/1/1 by @kanpapa
                                ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                ORG    8000H
8000: 01 30 80                  START:	LXI	B,SDATA1
8003: 1E 17                     	MVI	E,17H
8005: 21 F8 83                  LOOP1:	LXI	H,83F8H
8008: 16 08                     	MVI	D,08H
800A: C5                        	PUSH	B
800B: 0A                        LOOP2:	LDAX	B
800C: 77                        	MOV	M,A
800D: 23                        	INX	H
800E: 03                        	INX	B
800F: 15                        	DCR	D
8010: C2 0B 80                  	JNZ	LOOP2
8013: CD 1F 80                  	CALL	WAIT
8016: C1                        	POP	B
8017: 03                        	INX	B
8018: 1D                        	DCR	E
8019: C2 05 80                  	JNZ	LOOP1
801C: C3 00 80                  	JMP	START
                                ;;
                                ;; WAIT ROUTINE
801F: C5                        WAIT:	PUSH	B
8020: D5                        	PUSH	D
8021: 16 FF                     	MVI	D,0FFH
8023: 06 00                     WAIT2:	MVI	B,0
8025: 05                        WAIT3:	DCR	B
8026: C2 25 80                  	JNZ	WAIT3
8029: 15                        	DCR	D
802A: C2 23 80                  	JNZ	WAIT2
802D: D1                        	POP	D
802E: C1                        	POP	B
802F: C9                        	RET
                                ;; SEGMENT DATA
8030: 00 00 76 77 73 73 6E 00   SDATA1:	DB	0,0,76H,77H,73H,73H,6EH,0	;; HAPPY
8038: 54 79 7E 00 6E 79 77 50   	DB	54H,79H,7EH,0,6EH,79H,77H,50H	;; NEW YEAR
8040: 00 5B 5C 06 27 00 00 00   	DB	0,5BH,5CH,06H,27H,0,0,0,0	;; 2007
8049: 76 77 73 73 6E 00         	DB	76H,77H,73H,73H,6EH,0		;; HAPPY
                                	END

ZK-80 mini (PIC32MX1チップTK-80互換機)を作ってみた

NECの8ビットワンボードマイコンTK-80について調べていたところ、ZK-80 miniというPIC32MX 1チップで実装したTK-80互換機の製作記事をみつけました。PIC32であればTK-80ぐらいの仕組みは作れるとは思っていましたが、実際に動作しているのには感心しました。しかも回路図も非常にシンプルでさすがです。

電子ブロック工房 ZK-80 mini (PIC32MXを使った1チップTK-80互換機)

この記事をみて、TK-80のキーボードをそのまま保管していたことを思い出しました。実は工場ハックというイベントで偶然TK-80のキーボードを手にいれていたのです。
これが使えるとよりTK-80に近い感覚で使えるので、ますます楽しくなるのではと思ったのです。

まずは、ZK-80 miniをブレッドボードで組み立てました。配線は多いように見えますが大したことはありません。

zk80_tk80kbd_1.jpg