タグ「MighyCore」が付けられているもの


Z80-MBC2を組み立ててみた

Z80-MBC2とは

Z80-MBC2というワンボードマイコンがあります。Z80 CPU、メモリ(SRAM)とブートローダーの役割をするATMEGA32、あとは汎用ロジックの74HC00というたった4つのICで構成されています。

公式サイトはこちらです。組み立てに必要なドキュメントやスケッチはこちらから入手できます。

ATMEGA32の中にはArduinoのブートローダーが書きこまれています。これでArduinoと同じようにスケッチを動かすことができます。そこでZ80のブートローダーとなるスケッチを動かすことで、指定されたプログラムを、Z80のRAMに書き込んでZ80 CPUに制御を渡すことができます。

基板の組み立て

基板を含めた主要なICはオレンジピコさんで購入しました。秋月電子さんやAitendoさんでもある程度は揃えることができます。

基板はこんな感じです。特徴としてはmicroSDやRTCを接続できるコネクタがあることです。

z80mbc2_pcb.jpg

早速組み立てていきましょう。まずははんだ付けです。部品表に従ってパーツを集めましたが、私の場合は1N5817は代替品として1S3を使用しました。

はんだ付けが終わった状態です。まだICは取り付けません。

z80mbc2_1.jpg