タグ「SB-Assembler」が付けられているもの


いろんなCPUをサポートしているSB-Assembler V3をつかってみた

久しぶりにSB-Projectsのサイトに行ったらSB-Assemblerが PythonベースのVersion 3になって、新たにAVRやPICをサポートしていてびっくりしました。これまでのSB-AssemblerはDOSベースのため、Windows 64bitで動かす場合はMS-DOS playerといったツールを使う必要がありました。

今回、Pythonベースになったことで、UNIX/Mac/LinuxはPython3があればすぐ動きますし、WindowsもWindows用のPython3をインストールすることで使えるはずです。

このSB-Assemblerはディレクティブが少し独特な面もありますが、多数のCPUをサポートしているので便利です。

今回、新しいVersion 3を使ってみました。

ダウンロードはSB-AssemblerのDownload pageから行います。

私の場合は、Windows10の環境で、WSLを使っていますので、そちらにインストールしました。

WSLでの環境構築の手順

  1. まずブラウザでダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルをWSLのホームディレクトリにコピーします。
  3. unzipで展開します。
  4. 展開したフォルダの中にあるsbasm本体とsbapackディレクトリを/usr/local/binにコピーします。WSLの場合はsudoを使ってコピーしてください。
  5. PATH変数に/usr/local/binが含まれていることを確認してください。
  6. python3がインストールされていない場合はsudo apt install python3 でインストールしてください。
  7. 環境が整えば sbasm と入力すると以下のように表示されるはずです。
    sbasm1.PNG
  8. これで環境構築は完了です。

6802 Nano computerを動かしてみました

工場ハックで手に入れたジャンク基板に懐かしの6802 CPUが載っていたので、ぜひ動かしてみたいと考えていました。

mc6802_cpu.jpg
6802で検索してみると6802 Nano computerというシンプルな回路とサンプルプログラムが載っていましたので、まずはこれをブレッドボードで組み立てて、CPUが正常に動作することを確認してみました。