タグ「WSL」が付けられているもの


いろんなCPUをサポートしているSB-Assembler V3をつかってみた

久しぶりにSB-Projectsのサイトに行ったらSB-Assemblerが PythonベースのVersion 3になって、新たにAVRやPICをサポートしていてびっくりしました。これまでのSB-AssemblerはDOSベースのため、Windows 64bitで動かす場合はMS-DOS playerといったツールを使う必要がありました。

今回、Pythonベースになったことで、UNIX/Mac/LinuxはPython3があればすぐ動きますし、WindowsもWindows用のPython3をインストールすることで使えるはずです。

このSB-Assemblerはディレクティブが少し独特な面もありますが、多数のCPUをサポートしているので便利です。

今回、新しいVersion 3を使ってみました。

ダウンロードはSB-AssemblerのDownload pageから行います。

私の場合は、Windows10の環境で、WSLを使っていますので、そちらにインストールしました。

WSLでの環境構築の手順

  1. まずブラウザでダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルをWSLのホームディレクトリにコピーします。
  3. unzipで展開します。
  4. 展開したフォルダの中にあるsbasm本体とsbapackディレクトリを/usr/local/binにコピーします。WSLの場合はsudoを使ってコピーしてください。
  5. PATH変数に/usr/local/binが含まれていることを確認してください。
  6. python3がインストールされていない場合はsudo apt install python3 でインストールしてください。
  7. 環境が整えば sbasm と入力すると以下のように表示されるはずです。
    sbasm1.PNG
  8. これで環境構築は完了です。