トグルスイッチでCOSMACプログラミング

1970年代に開発され、人工衛星の制御にも使われたCOSMACマイコンをご存知ですか? 実家で見つけた1980年の雑誌に掲載されていたCOSMACマイコンに興味を持ち、パーツを集めてコンパクトな基板にまとめました。トグルスイッチでプログラムを書きこむことで、LEDの点滅、ミニ電子オルガン、液晶表示などが実験できます。ぜひ256バイトの広大なメモリ空間にあなたの手でプログラムを書き込んでみませんか?

この内容はMaker Faire Tokyo 2019に出展した内容です。これに使用しているCOSMAC Toy Computerもご覧ください。

Lチカのサンプルプログラム

0000-        1 *
0000- 2 * Counter program 2 for COSMAC
0000- 3 * SB-Assembler
0000- 4 *
0000- 5 .CR 1802
0000- 6 .OR $0000
0000- 7 *
0000-F8 31 8 ( 2) START LDI #$31
0002-A3 9 ( 2) PLO 3
0003-E3 10 ( 2) SEX 3
0004-94 11 ( 2) LOOP1 GHI 4 R4レジスタの上位8ビットをDレジスタに入れる。
0005-53 12 ( 2) STR 3
0006-61 13 ( 2) OUT 1
0007-23 14 ( 2) DEC 3
0008-14 15 ( 2) INC 4
0009-30 04 16 ( 2) BR LOOP1
000B- 17
000B- 18 .EN

CPUボードとローダーボードの機能説明

cosmac_toggle_sw2.png

プログラムの入力手順

cosmac_toggle_sw1.png

Lチカ動作中の動画

トグルスイッチでプログラミング体験の様子

(掲載予定)

応用作品

きままなキツネさん

Maker Faire Tokyo 2019で展示したCOSMAC CPUボード+モータドライバの応用例です。台車はキャタピラ、しっぽはクランクで動きます。


R2D2

LEGO MINDSTORMSのR2D2にCOSMAC CPUとモータードライバを載せましたが、Maker Faire Tokyo 2019の当日のセットアップ中に逆接でモータードライバが壊れ、会場での展示はお蔵入りになってしまいました。残念。