Palm Pilot 使用記

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Pilotとの出会い

最近、どうも環境に変化が無いなあと、いろんな雑誌を読み漁ったところ、最近のトレンドはどうやら、Palm PilotというPDAらしい。
記事の扱いは小さいが、いろんな雑誌で取りあげれつつあり、今がおもしろい時期であるようだった。(Linuxといい、HP200LXといい、立ち上げの時期が一番ワクワクする。)

いままでのPDA歴

こ れまで、SHARPのZAURUSや、HP200LXといったマシンを使ってきたが、ペン入力というのはZAURUSで懲りていた。それは、私の書いた漢 字をうまく認識してくれないからだ。つまるところ、書き順がでたらめなので、文字認識してくれないわけである。なんで、わざわざ機械に合わせなくちゃいけ ないんだということで、ZAURUS君は友人にもらわれていった。 次に購入したのは、HP200LXであった。確かにこいつは良くできている。特にスケジュール管理、電話帳、NoteTakerはかゆいところに手がとど くようになっている。実際一番良く使ったのはNoteTakerであった。仕事でマシンの管理などをやっていると、どうしても電話番号やIPアドレスと いったような、英数字の羅列を覚えておかないと(それも正確にである)いけないので、いつでも気軽にメモできるのは便利である。あとはゲームでよく遊んで いた。 しかし、逆に言うとそれぐらいしか使っていないのである。PCMCIAカードが使えるから、モデムなども使えるのであるが、電池を食ってしまうので気にし ながら通信しなければならない。文章書きやプログラムなどもできるなあと最初は思っていたが、結局文章書きは愛機ThinkPadで行うのが自分には合っ ているようだ。プログラムは当然何もやっていない。やはり通勤電車の中で、文書書きを行おうとはあまり思わないから、文書を読む程度だろう。あと、パソコ ンとの連携はPCMCIAスロットがついたノートパソコンが手もとにあればいいが、あいにく会社のパソコンはデスクトップである。お世辞にも、うまく連携 できているとはいいがたい。
これから考えると、PDAはPalm Pilotの性能で十分ではないか。しかも、私が一番やりたいのは、パソコンで集めた情報を外に持ち出していつでも見たいだけなのである。HP200LX のNoteTakerも、デスクトップパソコンにある情報を、画面で見て、手入力していたわけで、このあたり、Palm Pilotでは、パソコン上でカット&ペーストをして、メモにコピーし、Cradleのボタンを押すだけ連携できるので、非常に楽になると思われる。ただ 一つ心配なのは文字認識である。Palm Pilotが私の書いた文字を認識できるのだろうか。しかし、その認識率の高さと認識速度が抜群に速いということだし、英字認識のみなので、書き順はあま り問題ないのではないかと思ったわけである。 とりあえず、詳しく調べてみようと、最近発売された「Pilotナビゲーションブック」という本を購入した。これを読んでみて驚いた。簡単な HotSync、Macっぽいアプリケーション、1MBという少ないメモリで、すべてのアプリケーションが切替えられながら同時に動いている。これは、ひ と味違うマシンであることを直感した。ペン入力も書き方をみたところ、すぐ覚えられそうなので、問題はないだろうという結論に達した。


やっぱり、買っちゃった!!

さて、早速秋葉原の某ショップに行くと、いかにもPilotを買いに来たという人がいっぱいいた。私はとりあえず次のようなものをまとめて購入してしまった。
mypilot.jpgPalm Pilot Pro (1MB)
writerig.jpgWriteRight (ソフトタイプの保護シート)
jospro.jpgJ-OS Pro 1.0 (日本語化するための市販ソフト)

うわー、ミルクも買わないと。:-)

PDAとしての評価は

私はPDAの絶対条件は、次のように考えている。

  • 常に持ち運べる程度の大きさ、重さである。
  • 電池が長持ちで、万が一電池が切れてもどこでも購入できる。
  • 電源をいれたらすぐ使える。
ここで通信機能はあえて条件に入れていない。今までHP200LXを使っていた限りでは、通信が必要になったことは無いためである。出張先には大抵パソコンがあるし、長期出張の場合はやはり、ThinkPadを持って行くからだ。
さて、第1条件である大きさと重さだが、大きさはシャツの胸ポケットにすっぽり入る。周りから見ると厚めの手帳がポケットに入っているなあと思われる程度 だろう。ポケットからはみ出したりはしない。重さも手帳程度の軽さである。いままで使っていたHP200LXは確かにポケットには入るが、大きくはみ出し てしまう。また、少し重さがあるので、ちょっと前屈みになると、ポロリとポケットから滑り落ちる。今のところ、Pilotではそのようなことは無いようで ある。
第2の条件である、電池の持ちだが、まだ購入してから時間が間が無いのではっきりとしたことはいえないが、HP200LXと同じ程度の持ちかただと思われ る。現在はアルカリ電池で使っているが、多分、3、4週間は大丈夫だろう。これを、もう少し高性能な電池にしたら更に持つであろう。
第3の条件の電源をいれたらすぐ使えるというのはPilotでは全く問題は無い。アプリケーションの切替えも瞬時に行うことができ、文句のつけようが無い ようだ。まあ、アプリがすべて、メモリにロードされて常に実行待ちの状態になっているのだから、速いのは当たり前だが。

でも、英語なんですぅ

さ て、じゃあ使ってみようと思っても、Pilotは購入した直後では、英語しか使えない。日本語の表示などは全然できないわけである。このあたりは、 HP200LXと同じように日本語の表示や入力を行うために日本語化のためのソフトウェアをインストールする必要がある。HP200LXの場合はフリー ウェアをかき集めて、CONFIG.SYSやAUTOEXEC.BATなどをバリバリ書き換えるか、商品である日本語化キットを使うかになる。Pilot ではフリーウェアで日本語化することもできるが、私の場合は仕事で使うこともあるので、より安定して使い勝手がよい、商品版ソフトのJ-OS Proをインストールすることにした。

J-OS Proのインストール

Pilot ではソフトウェアのインストールは、別にパソコンが必要である。Pilotを購入したときについてくるCladleという台(携帯電話を充電するときに セットする台のようなものと考えると想像がつく)をパソコンのシリアルポートに接続し、添付のソフトウェアをインストールすると、Desktopと Install toolというソフトがインストールされる。このInstall toolを使ってソフトウェアをインストールするだけだ。
J-OS Proのインストールはマニュアルにしたがって、Install toolで必要なファイルを選択し、準備ができたら、PilotをCradleに載せて、右下のボタンを押すだけで、ソフトウェアがインストールされてい く。本当に簡単である。インストールが完了し、日本語機能を動作させるのも、ペンでちょんちょんと選択するだけである。CONFIG.SYSや AUTOEXEC.BATとは無縁である。このあたり、どこかMacintoshに似ていないだろうか?

日本語入力はどうかな?

さ て、日本語が表示されるようになったところで、しばらく使ってみた。気になっていた文字認識はほぼ問題ないようだ。やはり、癖で少し認識してくれない文字 もあったが、漢字と違って英字は線が少ないので、もう癖を直すことができた。日本語を入力するときは当然ローマ字入力となってしまうが、やはりキーボード に比べて入力ははるかに遅くなってしまう。そこで、最近評判のPoboxという日本語入力システムをインストールしてみた。実際に使ってみるとなかなか調 子がいい。次々と推測して候補を挙げてくれるので、よく使う単語は1、2文字入力しただけで、候補として表示される。自分向けに単語を登録すればさらに入 力が速くなるだろう。他にもSKKをベースとした日本語入力システムも開発されているようである。このように日本語入力システムがいろいろ選べるというの はZAURUSではできないことだろう。

基本機能の使い勝手は?

  • スケジューラ
ス ケジューラはHP200LXのスケジューラのようなものであるが、画面が小さいこともあり、一覧表示的なことを行うことができない。しかし、これは DateBook+1.2というシェアウェアを使用することで解決する。また、パソコン側のDesktopでは、週表示、月表示ともに、スケジュールの内 容を一覧で表示することができる。
  • 住所録/電話帳
HP200LXにく らべてカスタマイズはできないが、十分な項目があり、特に問題ないと思われる。便利なのは、電話番号が複数登録でき、一覧表示のときどの番号を表示するか ということを、1件づつ指定できるから、よくかける電話番号のみを表示することができる。狭い画面を有効に使っていると言えよう。
  • メモ
メ モは1行目が見出しとして扱われる。HP200LXの違いとしてはそれくらいだろう。私はメモは大変重宝している。パソコンで保管しておきたい情報があっ たとき、DesktopのメモにCut&Pasteして、Pilotに転送する。HP200LXのときは、画面を見ながらキーボードから入力して いたため、たまに誤入力があったが、これでそういうこととは無縁になった。
  • 4つのボタンと上下のボタン
Pilotに は4つの大きなボタンと上下の小さなボタンがあるが、これがまた便利なのである。 4つの大きなボタンは、アプリケーションの一発起動に使われる。HP200LXでいうところのファンクションキーと同じ機能である。この4つのボタンは、 標準では、スケジューラ、電話帳、To Doリスト、メモになっているが、好きなアプリケーションに自由に割り振ることができる。私の場合は、スケジューラをDateBook+1.2にしている ため、スケジューラのボタンを押すと、DateBook+1.2が起動する。 さらに、同じボタンを数回押すと、たとえば電話帳であれば、カテゴリ別に切り替わって表示される。上下ボタンを使えば、上下にスクロールする。つまり、電 話帳をすばやく見るために、いちいちペンを取り出さなくても、ボタンを押すだけで、目的の情報を表示することができるのだ。これは、なかなかよく出来てい ると言えよう。 また、このボタンはゲームなどでも真価を発揮する。有名なマインスイーパや、懐かしの潜水艦ゲーム、さてはスペースインベーダなどなど、さまざまなゲーム がPilot用に発表されているが、どのゲームもこのボタンをうまく使っている。まさにゲームボーイである。(まあ、ゲームボーイよりはちと高めだが、通 勤の合間に遊ぶのはやっぱり楽しい。)
  • パソコンとのリンク
一番すごいのはこの部分である。パソコンとの連携は、 Cradleの右下のボタンを押すことですべて完了する。時間にして30秒ぐらいだろうか。パソコン内のデータとPilot内のデータをすべて比較して、 お互い最新の情報に更新してくれる。私の場合は、自宅と会社にCradleを接続してあるので、自宅、会社、Pilotの3箇所の情報が常に最新の状態に 保たれるわけだ。しかも、このリンクは本体を購入するだけで行えるのも嬉しい。ZAURUSとパソコンを連携するためには、ケーブルやソフトを別途買わな ければならないだろう。Pilotではこれらの費用はすべて本体に含まれている。

思わず翌日に買いだし

Pilotのあまりの良さに、翌日秋葉原にオプションを買いにいってしまった。まずは、ケースを選んだが、付けたままでもCradleにセットすることができるWrap2というケースにした。
warp2.jpgWrap2(ケース)

そして、会社のパソコンでもお手軽にリンクするために、Cradleをもう1つ買ってしまった。

cradle.jpgCradle

これで当面の間は買いものの必要は無いだろう。でも、いずれモデムを買ってしまうんだろうなぁ。

今後の予定

  • メモリを2MBにしようかな。
  • GCCで何かプログラムを書いてみようかな。

Last Update 26, Oct 1997.