mbed LPC1114FN28で8桁7セグLEDモジュールを制御してみた

mbed LPC1114FN28で秋月電子の3-Wire 8桁7セグLEDモジュールを動かしてみました。

LEDモジュールとmbedとの接続は以下の3本のみです。

mbed LEDモジュール

dp9 DATA

dp10 LATCH

dp11 CLOCK

LEDモジュールにはUSBからの5Vを供給しています。LEDモジュールの消費電力は最大300mAぐらいなので問題なさそうです。LPC1114FN28にはFT232RL内蔵の3.3Vレギュレータの出力を使っています。

本体はこんな感じです。

mbed_7degLEDMod.jpg

制御プログラムはDFROBOT社のサイトにArduino用のサンプルプログラムがありましたのでそれを参考にしました。サンプルプログラムはこちらにPublishしておきました。

動作中の様子をYouTubeにアップしておきました。

今回はこのLEDモジュール1台で8桁の数字を表示していますが、表示データを用意すれば数字以外の表示もできますし、LEDモジュールにあるOUTPUT端子にさらにLEDモジュールを接続することで表示桁数を増やすこともできます。工夫次第で面白い使い方ができそうです。

前へ

mbed LPC1114FN28を使ってみた

次へ

LPC800-miniに秋月電子の8桁7セグLEDモジュールを接続してみた