m3piで2022年を描いてみました

あけましておめでとうございます。
去年はM5Paperで2020年から2021年への年越しをしましたが、今年は何をしようかなと思っていたところで以前購入したm3piが大掃除で見つかりました。

m3pi_newyear2022.jpg

m3piはPololuが販売していたロボットカーで3pi robotにmbedやXbeeが搭載できる拡張基板を組み合わせたもので、国内でもスイッチサイエンスさんに若干在庫があるようです。ベースとなっている3pi robotはATmega328が搭載されているのでこれだけでも動かすことができます。3pi robotはまだ現在も販売されており、新モデルもあるようです。

以前書いた記事がこちらにありますので参考にしてください。

このm3piにはLEDが8個ついていて高速回転をしながらLEDを点滅することでPOVを行うことができます。

今回はこれで新年を祝ってみました。動画をYouTubeにアップしておきました。回転音が大きいので無音にしています。

きれいに2022と表示したかったのですが、回転のタイミングがなかなか合わずに文字が流れてしまいました。半日程度で作ったものなので、今回はこのくらいで勘弁してください。

では、今年もよろしくお願いします。

前へ

Z8K CP/M ボードを組み立てました(その1)

次へ

rosserialでPololu 3pi robotをROSのノードにしてみました