63B03デュアルCPUマイコンボードで遊んでみた(2)解析編

前回はROMデータの読み込みまでを行いました。このROMデータの解析を行ってこのマイコンボードの仕様を探ります。しかし、63B03の開発環境は持っていませんので、インターネットにある情報から開発環境の整備を行います。今回はWindows10 Home 64bitのPCで作業をおこなっています。

ROMから読みだしたデータはIntel HEX形式のフォーマットになっているので、これをバイナリファイルに変換します。

プログラムはVectorのサイトで見つけた以下のプログラムを使用しました。

こちらにROMから読みだしたデータを与えて、バイナリファイルに変換します。

63b03_intelhex_binary.png

これでバイナリファイルができました。

次にこのバイナリファイルを解析するために逆アセンブラが必要です。63B03と逆アセンブラというキーワードで検索したところ以下のプログラムが見つかりました。

早速バイナリファイルを逆アセンブラにかけてみます。

63b03_dasmx.png

ここで生成されたソースをのぞいてみますが、逆アセンブラとはいっても万能ではありません。コード部分とデータ部分は意識されていない解析結果になります。ただし、ここで知りたいのはプログラムの動きというよりは、このマイコンボードがどのように初期化されるか、メモリマップがどうなっているのかがポイントになります。

63B03の場合、ROMの$FFF0からが割り込みベクタですので、そこから見ていきましょう。

この逆アセンブラはCPUアーキテクチャを意識して、$FFF0からは割り込みベクタとして解析してくれました。

 6022 FFF0                         org      $FFF0
6023 ;
6024 FFF0 sci_vector
6025 FFF0 A84C FDB sci_entry
6026 FFF2 tof_vector
6027 FFF2 A84C FDB sci_entry
6028 FFF4 ocf_vector
6029 FFF4 A84C FDB sci_entry
6030 FFF6 icf_vector
6031 FFF6 A53D FDB icf_entry
6032 FFF8 irq_vector
6033 FFF8 A3FA FDB int_entry
6034 FFFA swi_vector
6035 FFFA A84C FDB sci_entry
6036 FFFC nmi_vector
6037 FFFC A84C FDB sci_entry
6038 FFFE res_vector
6039 FFFE 849A FDB reset

resetのラベルがついていますが、RESETが行われた時に実行されるアドレスは$849Aですので、そこから追ってみます。

  411 849A              reset:
412 849A 01 nop
413 849B 01 nop
414 849C 01 nop
415 849D 8E013F lds #$013F ; Internal RAM 256 Byte
416 84A0 01 nop
417 84A1 01 nop
418 84A2 01 nop
419 84A3 BD8573 jsr L8573

RESET直後にスタックポインタを設定しています。CPU内蔵の256byte RAMを使っていることがわかります。
jsrで実行されるL8573のルーチンを見ると、

  536 8573              L8573:
537 8573 CE0040 ldx #$0040 ; fill zero $0040-$013f
538 8576 4F clra
539 8577 L8577:
540 8577 A700 staa $00,x
541 8579 08 inx
542 857A 8C013D cpx #$013D
543 857D 26F8 bne L8577
544 857F CE4000 ldx #$4000 ; fill zero $4000-$47ff
545 8582 4F clra
546 8583 L8583:
547 8583 A700 staa $00,x
548 8585 08 inx
549 8586 8C47FF cpx #$47FF
550 8589 26F8 bne L8583

CPU内蔵のRAMをゼロクリアしていることがわかります。続いて$4000-$47FFの領域もゼロクリアしています。
このマイコンボードにはMB8422という16Kbit(2048x8bit)RAMが実装されていますので、このメモリは$4000から配置されていると予想できます。ゼロクリアされている2Kbyteのサイズも合致しています。

これでこのマイコンボードの仕様がおよそわかりました。
メモリマップは以下のようになっていると思われます。

$0000 -----------------------
Internal Register
$0027 -----------------------
:
$0040 -----------------------
Internal RAM 256byte
$013F -----------------------
:
$4000 -----------------------
External RAM (MB8422)
$47FF -----------------------
:
$8000 -----------------------
External ROM (27C256)
$FFFF -----------------------

63B03は統合型のマイコンですので、GPIOやシリアルインターフェース、タイマーなどの機能を内蔵していて、Internal Registerを操作するだけで使えます。使い方はデータシートに書かれているので、そちらを読み込むことにしましょう。
次はこのマイコンボードにモニタを実装して、自由に動かせるマイコンボードにしてみます。(続く)

コメントする