Sonyのtoioを買ってみました

Maker Faire Tokyo 2022の申し込みをしましたが、残念ながら落選となりました。

これで出展費用が浮きましたので toio を買ってみました。

最近発売された書籍にUnityをつかってROSでtoioが動かせるという記事があり、これを使えば手軽にROSの実験ができるかなと考えたのです。

まずは試してみたいので、最低限のセットtoio本体1個と充電器を購入しました。

パッケージはSonyらしくシンプルでかっこよいです。

toio_package1.jpg

パッケージをひらくと、ちょこんとCubeがありました。

toio_package2.jpg

パッケージからとりだすと、Cube本体は小さいです。充電器にはUSB-miniのコネクタがついています。

toio_set.jpg

Cube本体の裏面には車輪、LED、センサーがついています。電源を投入すると音も鳴りました。

toio_back.jpg

まずは充電開始です。

toio_charge.jpg

すぐ試せないかなと、スマホアプリを探したところ、toioユーザが作ったと思われるtoioリモコン Androidアプリがありました。これで簡単に動かすことができました。

toio_remote_control_app1.png

このスマホアプリにはクオータニオンやオイラー角などROSで見かけた用語がでています。

toio_remote_control_app2.png

これでも立派なロボットなんですね。

前へ

Maker Faire Tokyo 2022の出展申し込みを行いました (おおたfab 第62回 素人でもロボットをつくりたい)