mbedを触ってみる

Make 05で「Arduinoはもう古い。時代はmbed!」というパンフレットをもらいました。http://mbed.org/をのぞいたところ、なんだか面白そうです。
LANも直結できる32bitマイコンでブレッドボードで活用できるということで、秋月にオーダーしてしまいました。もちろん、パルストランス付LANコネクタもです。

箱を開けるとこんな感じです。本体とUSBケーブルと簡単な説明の紙。あとはピンレイアウトのカードとmbedのステッカーです。

mbed01.jpg

本体の表面にはLEDが5つも付いています。中央のボタンはリセットスイッチです。

mbed02.jpg

裏面も高密度実装です。

mbed03.jpg

早速VAIO Type PとUSBでつないだところ、自動的にUSBドライブとして認識されました。このドライブの中のMBED.HTMをクリックすると、mbedのWebサイトに飛んでくれます。
Signupを済ませてクラウドのアカウントを作りました。その後にサンプルプログラムをダウンロードして、このUSBドライブに放り込んで、リセットボタンを押すだけで、サンプルプログラムが動きだしLEDが点滅を開始しました。開発環境の設定がいらないので大変便利です。
開発環境はクラウドで提供されていて、クラウド上でコンパイルします。コンパイラを起動したら、こんなソースが表示されました。

#include "mbed.h"

DigitalOut myled(LED1);

int main() {
while(1) {
myled = 1; wait(0.2); myled = 0; wait(0.2); } }

見ればわかりますが、LED点滅のプログラムのようです。
これをコンパイルして、できたバイナリをmbedのUSBドライブにダウンロードしてリセットスイッチを押すと、LED点滅が始まります。
試しに、wait(0.2)をwait(0.1)と変更すると、点滅速度が早くなります。

mbed04.jpg

LEDが4つ実装されているので、たぶんこんなソースにするとLEDが2つ点灯するかなと改造してみました。

#include "mbed.h"

DigitalOut myled1(LED1); DigitalOut myled2(LED2);

int main() { while(1) { myled1 = 1; myled2 = 1; wait(0.5); myled1 = 0; myled2 = 0; wait(0.5); } }

予想通りにLEDが2つ同時に点滅を始めました。もう少し改造すれば交互に点灯やナイトライダーぽいことはすぐできそうです。
mbedサイトにはいろんなサンプルプログラムがあるようですので、今週末はそれを試したあとにLANに接続してみたいと思います。

前へ

Ginger-Monakaキットを組み立てました

次へ

mbedにLANを接続してみた