weather:bitを使ってみた

この記事はmicrobit Advent Calendar 2017の14日目の記事です。

weather:bitはmicro:bitのシールドで、気圧、湿度、温度などを測ることができるものです。

weather_bit1.jpg

micro:bitのI2Cに非常に小さな気象センサーであるBME280が接続されるようになっています。

weather_bit2.jpg

BME280は秋月電子のBME280使用 温湿度・気圧センサモジュールキットにも使われています。

weather:bitには他にも各種気象センサーを接続することができるようですが、私はそこまで詳しくありませんので、今回はBME280だけ使ってみました。

プログラムは以下のようになりました。気圧、湿度、温度の値を簡単に取得することができます。このプログラムでは気温、湿度、気圧を順番に表示します。

weatherbit.PNG

この気象センサーをうまく使って気象データを収集することで、天気予報とかもできるかもしれませんね。

コメントする