KURO-SHEEVA (玄柴) その後

KURO-SHEEVAのその後です。
とりあえず、apt-get update, apt-get upgradeを行って最新の環境にしました。
あとはNTPでの時刻の同期や一般ユーザなど作成しました。これから必要なソフトウェアをインストールしていくことになりますが、さて、何をしましょうか。
eSATAのインターフェースにHDDをつないでNASとして使うのは当たり前すぎて面白くありません。NASならhackkitが入ったLinkStationがすでにあるのでそちらを使います。
ここはUSBとSDカードとNetworkをだけ使って何かするとしたら考えてみると・・・

  1. 昔、玄箱でやっていたようにSETI@homeに参加してみる。久々にboincを動かしますか。
  2. USBの入力とかNetworkからの入力でSDカードにデータを溜め込むようなロガーを作る。
  3. USBにPepperとかGainerを接続して、外部機器をコントロールする。
  4. 玄柴をたくさん集めてHadoopクラスタを動かす・・・。

とりあえずいろんなデバイスを使うためにも、まずはカーネルを最新にしたほうが良さそうかも。

前へ

KURO-SHEEVA(玄柴)再入荷分のご案内!!

次へ

KURO-SHEEVA(玄柴)でSETI@homeに参加する