MC68EZ328 DragonOne SBCで8バイトのプログラムを動かしてみる

DRAMへのアクセスの様子をロジアナで確認できるように8バイトのIBUFFで動かすことができるプログラムを書きました。bレコードにしてブートローダに読み込ませ実行できます。アセンブラはEASy68Kを使用しました。

ここでは$00000000番地にD0レジスタの内容を連続してREAD/WRITEするようにしました。繰り返すことでロジアナでも状態が確認しやすくなります。本来なら固定値を書き込みたいところですが、8バイトに納めるためにこのようにしています。

WRITEプログラム

FFFFFFAA              7          ORG     $FFFFFFAA    ; instruction buffer location
FFFFFFAA 8 START:
FFFFFFAA 11C0 0000 9 move.b d0,$000000
FFFFFFAE 60FA 10 bra START
FFFFFFB0 11
FFFFFFB0 12 END START ; last line of source

これをbレコードにすると次のようになります。

FFFFFFAA0811C0000060FA
FFFFFFAA00

bレコードを読み込ませたあとにロジアナで見てみます。DWEがLのところが書き込み動作です。上位バイトのアクセスなので、CASHがLになります。D0はデータバスのbit0ですが、Lが繰り返し書き込まれていることがわかります。

dragonone_dram_analyze_writerep1.png

READプログラム

FFFFFFAA              7          ORG     $FFFFFFAA    ; instruction buffer location
FFFFFFAA 8 START:
FFFFFFAA 1038 0000 9 move.b $000000,d0
FFFFFFAE 60FA 10 bra START
FFFFFFB0 11
FFFFFFB0 12 END START ; last line of source

これをbレコードにすると次のようになります。

FFFFFFAA081038000060FA
FFFFFFAA00

bレコードを読み込ませたあとにロジアナで見てみます。RASがLになり、CASHがLになっているところがREADです。WRITEと同じように繰り返されています。読み出された(?)データバスのbit0はHになっているようです。

dragonone_dram_analyze_readrep1.png

これでタイミングも計りやすくなったので、仕様に沿っているか確認してみます。

前へ

MC68EZ328 DragonOne SBCのDRAMの信号をロジアナで確認しました

次へ

MC68EZ328 DragonOne SBCでDRAMが動きました