きょうのかんぱぱ

デジモノが大好きなかんぱぱの日記です。

秋月のAKI-H8/3069FでuClinuxを動かす

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

ひょんなことから、秋月のAKI-H8/3069Fボードを2枚入手しました。
H8マイコンとシリアルI/F、LAN I/Fが載ってます。添付のCD-ROMにはH8/OSが入っていましたが、調べてみるとすこし古いですが以下のような記事を見つけました。

@IT MONOist - 山あり谷あり、非力なマイコンでuClinuxを動かすべし

まさにやってみたいことが載っています。
というわけで、この記事を参考にしながら、uClinuxを動かしてみました。

まずは作業環境を整えないといけません。私の場合はMacBook Proを主に使っているので、この手のものを試すときにはParallels Desktop上のLinux環境で行います。ついでに少し古いLinux環境しか無かったので、最近リリースされたDebian 6.0を新たに仮想マシンにインストールしました。この上でカーネルのコンパイルとかもできるのですが、今日は時間がなかったのでサイトに掲載されているバイナリを使用しました。もっと新しいuClinuxのソースもあるようなので、それも試してみたいと思います。
まず、MacBook ProとH8/3069FボードをUSB-シリアル変換ケーブルで接続し、ブートローダーとなるRedBootをh8writeでボードのフラッシュROMに書き込みます。minicomを起動してリセットしたところ、無事RedBootが起動しました。
ネットワークブートするための環境は、LinkStationにDebianを載せたhackkitで、tftpサーバとNFSサーバを動かして、そちらにカーネルとファイルシステムを置きました。

特に問題なく作業は進み、H8/3069FボードでuClinuxをブートすることができました。フラッシュROMに我が家のネットワークの情報と起動スクリプトを組み込みましたので、H8/3069FボードをHUBにつないで電源を入れるだけで、uClinuxが起動します。

aki_h8_3069f_uClinux.jpg

実際にアプリケーションも動かしてみたいと思いますが、今日は時間が無くなったので来週にでも。

EeePC 4GにXandrosをインストール

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

これまで使ってきたモバイルパソコンEeePC 4Gの環境は無事VAIO type Pに移行しました。
これで、EeePC 4Gの役割が終わってしまったわけですが、せっかくメモリが2GBも積んでいることなので、何か他の用途に使えないかなとうろうろしているとみなさん「Xandros」をインストールして、しかも日本語がつかえるようにしているようです。
早速私もやってみました。参考にしたサイトはこちらです。写真が豊富につかってあって、わかりやすいですね。

さて、まずはDVDを作成。私の場合はいつもMacBook Proで焼いてます。

eeepc_Xandros_dvd.jpg

そして、この前購入したDVDドライブをEeePCにつないでbootします。

eeepc_Xandros_dvd_boot.jpg

順調にXandrosが起動していきます。

eeepc_Xandros_bootmessage.jpg

インストールが完了して、再起動すると英語版になります。

eeepc_Xandros_us.jpg

このあと、ゴソゴソ作業をすると。

eeepc_Xandros_jp.jpg

これで日本語版になりました。素晴らしい。

実際に使ってみましたが、Windows XPよりXandrosがはるかに快適という印象。
やはり、EeePCはこのXandrosありきで開発されたものなのでしょうね。
こんな小さなマシンで、せっかくLinuxが稼働しているわけですから、いつものようにサーバ化してみますかね。メモリも2GBありますし・・・。

LinkStationにConcrete5をいれてみる。

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

LinkStationのDebianにインストールしたMovable Type 4がいまいちだったので、他にいい素材がないか探していたら、今評判のCMSとしてConcrete5というのを見つけたので、LinkStationのDebianにインストールしてみました。


$ sudo apt-get install apache mysql-server php5 php5-mysql libapache-mod-php5 php5-gd
$ cd ~
$ unzip concrete5.2.0RC2.zip
$ sudo mv concrete5.2.0RC2 /var/www/concrete5
$ cd /var/www/concrete5
$ sudo chmod 777 config files
$ cd concrete/libraries/3rdparty
$ sudo chmod 755 htmldiff.py?
$ mysql -u root -p
Enter password:?
mysql> create database concrete default character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

mysql> grant all on concrete.* to conuser@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.05 sec)

mysql> FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> quit
Bye
$?

あとは、http://192.168.3.xxx/concrete5/ でセットアップ開始。
システム環境に問題があった場合は、左側の画面に表示されるのでつぶしていきます。
システム環境に問題が無くなったら、右側の画面でサイト名やメアド、MySQLのDB情報を設定するだけ。
気になるスピードですが、まあなんとかなるかなぁという感じでした。
i18N版も開発が進んでいるようなので、そちらも試してみたいと思います。

Movable TypeのDBをMySQLからSQLiteに変えてみた

  • 投稿日:
  • by
  • Category:
LinkStationのDebianでMovable Type 4を動かしているとMySQLがなぜかSignal 11で落ちてしまうので、SQLiteにMovable Type 4のDBを切り替えました。
これで落ちることはなくなったのですが、サイトの再構築をすると非常に時間がかかってしまいます。やはり、LinkStationのパワーでは少し無理があるかなぁ。

VAIO type P 明日発売

  • 投稿日:
  • by
  • Category:
明日16日はVAIO type Pの発売日ですね。
今回は先行予約に乗り遅れてしまったので、人柱としての楽しみは無いのですが、発売日当日に入手できたかたのレポートが楽しみです。
ぜひ、Windows 7 betaやWindows XP, Linux,OS/2などなどいろいろインストールしてみて欲しいです。

Let's Note(CF-W2)のdebian Linuxで無線LANに接続

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

少し前にPanasonic Let's Note CF-W2にdebian linux 4.0をインストールして、そのまま放置状態だったのですが、久々に電源をいれました。無線LANの接続をまだやっていなかったので、そのあたりの資料を探して接続してみました。ちなみにCF-W2の無線LANはIntel PRO /Wireless 2200BGです。


1. 以下のパッケージをインストール
・installed ipw2200-modules-2.6.18-6-686 2.6.18+1.2.0-4+etch3
その他の必要なパッケージは最初から入っていました。

2. リブートしたらこんなエラーがでた。ファームウェアが必要らしい。
ipw2200: Detected Intel PRO/Wireless 2200BG Network Connection
ipw2200: ipw2200-bss.fw request_firmware failed: Reason -2
ipw2200: Unable to load firmware: -2
ipw2200: failed to register network device

3. ファームウェアを以下のサイトからダウンロード

4. 展開して指定されたディレクトリにコピー
letsnote:/ipw2200-fw-3.0# cp *.fw /usr/lib/hotplug/firmware/.
letsnote:/ipw2200-fw-3.0# ls -l /usr/lib/hotplug/firmware/
-rw-r--r-- 1 root root 191142 2008-11-01 21:30 ipw2200-bss.fw
-rw-r--r-- 1 root root 185660 2008-11-01 21:30 ipw2200-ibss.fw
-rw-r--r-- 1 root root 187836 2008-11-01 21:30 ipw2200-sniffer.fw
letsnote:/ipw2200-fw-3.0#

5. 設定ファイルの作成
WEPの場合であれば、GUIツールが標準で入っているのでそれを使えばいいのだが、我が家の無線LANはWPA-TKIPなので、/etc/networks/interfacesを以下のように直接書き直した。

# The Secondary network interface
# wireless (WPA) for DHCP
iface eth1 inet dhcp
wpa-ssid SSIDを記載
wpa-psk パスワードを記載

auto eth1

これでうまくいくかなと思ったら、どうしてもDHCPのところでIPが取得できない。
試しにstaticの設定にしてみた。

# The Secondary network interface
# wireless (WPA) for Static
iface eth1 inet static
address 192.168.3.124
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.3.1
wpa-ssid SSIDを記載
wpa-psk パスワードを記載

auto eth1

・・・・結局だめ。

さんざん試したあげくWPAのパスワードが間違っていたというお粗末な結果で、正しいパスワードを設定したらあっさりつながってしまいました。(StaticもDHCPも)

昔のドキュメントではWPAを使用するには、/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confを設定すると記載しているものが多いですが、今は/etc/networks/interfacesに統合されているので、この設定ファイルだけでOKでした。

さあ、あとはMacBook Proからsshでログインしてサーバ化だ。

VAIO PCG-C1/XEにVineLinux 3.1をインストールしたメモ(1024x480と無線LAN)

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

VAIO PCG-C1にVineLinux 3.1をインストールしてみました。
普通のPCへのインストールは行えることが前提です。
ここではVAIO C1特有の画面サイズを1024x480に設定する方法と、無線LANの設定方法が中心です。

1. CD-ROM焼き
 Mac miniで焼きました。
2. VineLinux 3.1のインストール
 VAIOに純正CD-ROMを接続してインストールであります。テキストモードで実行しました。
3. /etc/X11/xorg.confの修正
(1) キーボードを106キーボードに。

Option "XkbModel" "pc101" を "jp106"に
Option "XkbLayout" "us" を "jp" に

(2) Monitorの定義

Section "Monitor"
Identifier "VAIO"
HorizSync 30-133
VertRefresh 50-200
ModeLine "1024x480" 65.00 1024 1032 1176 1344 480 488 494 563 -hsync -vsync
EndSection

(3) Deviceの定義

Section "Device"
Identifler "VAIO"
Driver "neomagic"
VideoRam 2048
Option "externDisp" ""
Option "internDisp" ""
Option "override_validate_mode" ←これがミソ
EndSection

(4) Screenの定義

Section "Screen"
Identifier "Screen 1"
Device "VAIO"
Monitor "VAIO"
DefailtDepth 16
Subsection "Display"
Depth 16
Modes "1024x480"
ViewPort 0 0
EndSubsection
EndSection

4. startx で、X11を起動すると、GNOMEが立ち上がる。
5. アプリケーション→システムツール→ネットワークの設定
 追加ボタンを押す
 無線LANの設定
  無線LANデバイス   eth0 を選択
  ネットワーク名    ESSIDを入力
6. 無線LANのWEPパスワードの設定
 設定ファイル: /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes
USERCTL=YES
NAME="無線 LAN カード"
DEVICE=eth0
ESSID=XXXXXXXXXX ←さっき入力したESSIDが設定されてるはず。
PEERDNS=yes
KEY=s:XXXXXXXXXX ←WEPパスワード。頭のs: は文字列であることを示す。

7. 5.のネットワークの設定で、「有効にする」ボタンを押す。
8. netstat やping でネットワーク接続を確認。

今日はここまで。