Teensy 3.2でのCDP1861 Pixie Simulatorを試してみました

私は英語は苦手なのですがCOSMACコミュニティの情報を入手するためにCOSMAC ELF Groupのメールを購読しています。その中でも興味あるプロジェクトの投稿を見かけました。

PJRC社のTeensy 3.2という ARM Cortex-M4が載ったArudinoコンパチのボードを使って、入手が困難なCDP1861 Pixieと同じ動きをさせようというプロジェクトです。これを利用するとI2CのLCDにPixieの画面を表示することができます。詳しい情報はプロジェクトオーナーのGaston WilliamsさんのGitHubにあります。

Teensy 3.2は国内でも入手が容易です。

今回購入したTeensy 3.2です。

teensy32_board1.jpg

小さいですけどCortex-M4 72MHzのパワーを持っています。また、5VトレラントなのでCOSMACとの組み合わせでも使いやすく、3.3V(250mA max)のレギュレーターも搭載されているので、I2CのOLEDにはここから電源を供給しました。今回はArduino IDEでプログラムします。

回路図にあるラッチIC 74LS374は持っていないので代わりに74HC573を使いました。配線数は多いですが回路は簡単ですので、ブレッドボードで試してみました。

teensy32_pixie_proto1.jpg

Pixieのテストプログラムを動かすと、問題なくいつもの画像が表示されました。

teensy32_pixie_lcd1.jpg

COSMAC MBC CPUボードとの接続はデータバスや制御信号と接続しているのでワイヤーだらけですが、こんな感じです。

teensy32_pixie_cpu1.jpg

さすがにこの状態では使いにくいですし、HEXキーボードもない状態ですので、STG1861 DISPLAY/HEX KEYBOARD基板をこの回路に置き換えた基板も作ってみようかなと思います。ついでにCOSMAC VIPのサウンド回路も載せてみましょう。

また、このプロジェクトはTeensy 3.2以外のマイコンボードにも応用できるように思います。mbedとかにも移植できそうに思いますので、時間があればチャレンジしてみようかと思います。

このような素晴らしいプロジェクトを公開したGaston Williamsさんに感謝します。