日経Linux 2010年 3月号「玄柴」をトコトン使う

日経Linux 3月号で玄柴の特集があるというので立ち読みしてみました。
記事の内容はなかなか良い内容で、付録DVDに筆者がeSATAの初期化処理を加えてビルドした最新版のカーネルまで入っています。
カーネルのアップデート方法はもちろんFedoraへの変更方法(これもファイルシステムのイメージがDVDに入ってます。)やUSB接続のディスプレイを接続したり、ホームサーバの作りかたなど、記事としては20ページそこそこなのですが、KURO-SHEEVAの楽しみが凝縮されているように感じたので、つい買ってしまいました。
この特集のカバーページの黒い柴犬もかわいいですし・・。
お値段は少ししますが、見かけたらぜひ手に取って読まれてはと思います。

前へ

KURO-SHEEVA(玄柴)でSETI@homeに参加する

次へ

たんすケータイあつめタイでまた当選しました