NVIDIA Jetson Nanoを動かしてみました

最近NVIDIA Jetson Nano Developer Kitがアップデートされたようなので、試しに購入してみました。128Core Maxwell GPUを搭載しているAIのトレーニング用のプラットフォームです。GPIOとかカメラも接続できるので、AIをつかったモノが作りやすそうです。

jetsonnano_setup1.jpg

まずは、microSDカードにNVIDIAから提供されているNVIDIA JetPack SDKのJetson Nano用のイメージを書き込みます。このあたりは、Getting Started With Jetson Nano Developer Kitに書いてある通りに進めました。

セットアップのためにディスプレイ、キーボード、マウス、イメージを書き込んだmicroSDカードが必要です。有線LANもサポートしています。私のところではHDMI対応のミニディスプレイとミニキーボード、無線マウスを接続しコンパクトな環境にしました。

jetsonnano_setup2.jpg

OSのセットアップはubuntuと同じようにすすめます。キーボードも日本語キーボードが設定できます。

jetsonnano_setup3.jpg

セットアップが終わるとデスクトップ画面が表示されました。

jetsonnano_setup4.jpg

ターミナルを立ち上げて、割り振られたIPアドレスに対して他のPCからsshで接続することもできました。Jetson Nanoに接続しているミニキーボードだとやや操作しにくいので、PCからログインして使うのもよいと思います。

この後はSDKに含まれているサンプルプログラムを動かしてみようと思います。