COSMAC研究会でMaker Faire Tokyo 2019に出展しました(準備編)

  •  
  •  
  • Category:

COSMAC研究会Maker Faire Tokyo 2019に出展しました。出展までの準備をまとめておきます。

出展申し込み

以下の内容で出展を申し込みました。機材とかは本番では大きく異なるのですが、まずはこれで。

2-01. 作品名またはプロジェクトの名称

トグルスイッチでCOSMACプログラミング

2-03. 出展内容の紹介文

1970年代に開発され、人工衛星の制御にも使われたCOSMACマイコンをご存知ですか? 実家で見つけた1980年の雑誌に掲載されていたCOSMACマイコンに興味を持ち、パーツを集めてコンパクトな基板にまとめました。トグルスイッチでプログラムを書きこむことで、LEDの点滅、ミニ電子オルガン、液晶表示などが実験できます。ぜひ256バイトの広大なメモリ空間にあなたの手でプログラムを書き込んでみませんか?

2-08. 会場への持ち込み作品・機材

⾼さ10cm×幅10cm 程度の基板*4点、⾼さ20cm×幅10cm 程度の80年代のCPU基板*1点、秋月5V電源アダプタ*2個、単3電池×4本電池ボックス*2個、ノートPC*2台、iPad*1台、ディスプレイ 19インチ*1台、作品紹介 チラシ200部(予定) など

出展準備

作品の準備

出展決定の知らせを受けて、まずは展示する作品を決め、Googleスプレッドシート上でまとめていきました。

cosmac_mft2019_sheet1.png

COSMAC研究会でMaker Faire Tokyo 2019に出展いたします。

  •  
  •  
  • Category:

私が利用しているおおたFabの皆様の勧めで、Maker Faire Tokyo 2019に申し込んだところ出展可のご連絡をいただきました。

昨日投稿されたmakezineの告知記事中で私の基板がアイキャッチ画像としても使われていてこちらもびっくりです。

これまで製作したCOSMAC CPUボードと各種シールド基板を持ち込んで、いろいろ動かしたいと準備中です。うまくいけばまだ未発表のシールド基板も展示できるかも。

実際にトグルスイッチでプログラミングも体験できるように、操作マニュアルも作成中です。トグルスイッチでプログラムを書き込む機会はそう無いと思いますので、ぜひ16進数のリストをみながら、トグルスイッチで入力してみてください。初心者向けのLチカから上級者向けのLCD表示まで体験できるように取り揃えます。

では、8月3日、4日は会場でお会いしましょう!

cosmac_board_makeing.jpg

RCA CDP1802 COSMACを動かしてみた(11) モーターを制御してみた

  •  
  •  
  • Category:

COSMACでDCモーターを制御してみました。モータードライバは各社から出ていますが、ブレッドボードでも手軽に実験ができそうな秋月電子のTB6612使用 Dual DCモータードライブキット[AE-TB6612]を使うことにしました。いつものようにブレッドボードで試作し、動作確認をしたところで基板化します。

COSMAC CPU基板に接続するモータードライバの回路図は以下のようになります。

cosmac_motor_sch.png

これをブレッドボードで試作し、COSMAC CPUボードに接続しました。

cosmac_motor_bread.jpg

RCA CDP1802 COSMACを動かしてみた(10) シールド基板を作ってみた

  •  
  •  
  • Category:

これまで製作してきた実験回路をコンパクトなシールド基板にしてみました。ArduinoのようにCPU基板に重ねる形です。プログラムローダー基板も同様に重ねる形にしました。こうすることでより操作しやすくなりますし、カッコいいです。

CPU基板はコネクタ位置の微調整とQ信号とTPB信号を直接出力できるように変更したものを製作しました。

cosmac_cpu_new.jpg

RCA CDP1802 COSMACを動かしてみた(9) LCDに文字を表示してみる

  •  
  •  
  • Category:

前回の記事ではCOSMACで音をだしてみましたが、次はCOSMACで文字を表示してみます。

今回製作したCPU基板には4bitのバスがでていますので、これをHD44780インターフェース準拠のLCDに接続してみました。

回路図は以下のようになります。ついでにユーザスイッチとリセットスイッチもつけました。

cosmac_lcd_sch.png

オリジナルのCPU回路ではTPB信号がコネクタに出力されていないので、空きピンを使ってジャンパー線で接続することにします。

まずはブレッドボードでプロトタイプを製作しました。この写真ではすでに表示プログラムが動いています。

cosmac_lcd_proto.jpg